FC2ブログ

新世代の幕開け!堅守ウルグアイ相手に4得点の衝撃

体の中をワールドカップとは少し違う興奮が駆け巡った。
本当に見ていて楽しい90分でした。

コスタリカ戦で試された中島、南野、堂安の2列目。
3人共に躍動し、もちろん期待感は膨らんだ。
しかし相手はコスタリカ。ビッグクラブでプレーする選手はいない。
ポルトガル、オーストリア、オランダの各リーグで活躍する3選手だが
世界5大リーグ(スペイン、プレミア、セリエA、ブンデス、フランス)
に比べるとリーグの格はどうしても落ちてしまう為、
やはり5大リーグでプレーしていないと通用しないんじゃないだろうか
という疑問はあった。

DFにはアトレチコマドリードのゴディン、元ユベントスのカサレス、
MFにはアーセナルのトレイラ、ユベントスのベンタンクール、
レアルマドリードのバルベルデ、FWにはPSGのカバーニ。
ビッグクラブでプレーする選手達が揃うウルグアイ戦は新戦力の
テストには打ってつけの試合だった。

終わってみれば堅守ウルグアイから4ゴールを奪って4-3の勝利。
中島、南野、堂安の躍動感はコスタリカ戦と変わらず、
ビッグクラブでプレーする選手を相手に、
上手さ、強さ、速さでイニシアティブを取り、魅力的なサッカーを披露した。

日本はロシアワールドカップでベスト16に進んだ。
この時も日本の戦い方は称賛されていた。
ポゼッションをベースに空いている選手をうまく使い、柴崎ら中盤の選手が
起点となる縦パスを効果的に入れ、サイドもうまく使いながら
バランスの良い攻撃をしていた。

しかしこの3人が絡むサッカーはまた一段と縦へのスピードのギアが1つも2つも
違うのである。中盤から縦パスが入ると、テクニックを使ったターンや
体をうまく使ってキープしつつ前を向いたりすることで経由するパスの数が
少ない為、早い攻撃が出来るのが最大の特徴と言えるだろう。

また、3人ともミドルシュートも果敢に打てることが今までの日本代表と
異なる点だ。4得点中2得点がミドルシュートのこぼれ球を押し込んだ形で
今後もこういうシーンが増えてきそうである。
また、シュートを打つことで相手DFはプレッシャーに出てくるしかなくなる為
今度は裏のスペースを使うこともできるようになるだろう。

さて、冒頭に書いた様に世界5大リーグでプレーしていないといけないのか
と聞かれればノーと言えるだろう。
ワールドカップ後にベルギーリーグへ移籍した遠藤もこの試合では随所に
好プレーを見せこの短期間での成長を実感させた。
つまり、5大リーグでなくとも中堅リーグでコンスタントに試合に出場し
活躍していれば5大リーグに移籍することが必ずしも必要なことではないのである。
元はと言えば中堅リーグを軽視していたハリルに問題があるとさえ思う。

ウルグアイ戦では選手交代が青山1人だけだった。
この試合スピード、強度の中でJリーガーを多く起用するのは無理があるということだ。
toricはロシアワールドカップの総括として、ベスト8進出に向けては
サブメンバーのレベルアップが必要になるとしていたが、Jリーガーにはぜひとも
5大リーグ以外のリーグでも移籍を推奨したい。
そして代表に還元してステップアップするという好循環が生まれると
今後日本の選手層は厚くなってくると思う。

スポンサーサイト

Character1 Oct'18行ってきました

朝家を出た時はまだ昨晩の雨が残っていて小雨状態。
現地に着いた時には止んでくれと祈りながら出発。そして寒い!

9時過ぎにビッグサイトに到着。雨は止んでいました。
例年だと東ホールを過ぎた駐車場で待機列を作ることが多いのですが、
今回は西ホールということもあり、ホールの中まで待機列を作成。
もしかして今回は人が少ないのかなと思ったり。
すぐそこにkeyブースがありました。(開幕すぐに人が殺到する予感がします)



本来なら11時開幕ですが、サポーターチケットを持ってる人は10時から入場が出来、
チケットの数だけ買い物ができます。そして今回からは1000円のチケットで2枚という
お求めやすいチケットが登場。toricももちろんこれを購入し臨戦態勢に入ります。

そして10時開幕。
後ろの方だったtoricはkeyブースに並ぶ人たちを横目に今回の目玉が売り切れない
ことを祈っていました。
toricが注目していたのはシルキーズプラスブースで販売される声優の花澤さくらさんの
直筆サイン色紙付きのシーツ(限定10個)

花澤さくらさんと言えば、
・紙の上の魔法使い
・できない私が、くり返す。
・PRETY CATION
・生命のスペア
・バタフライシーカー
・ソーサレス・アライブ
などなどに出演。ポジティブになれる前向きな台詞をやさしく語るキャラが多い印象。
toricの中では業界トップ5に入る声優さんです。

限定10個の為入手はかなり困難かと思っていましたが・・・
奇跡的に入手しました!!!

あまりの嬉しさにここでtoricはミスを犯します。
この時点で10:30。残るチケットは1枚。どのブースに並ぶか吟味する必要があります。
ここで購入予定のブースの列を確認。あまり人気そうではなく、
keyブースの列は先ほどより長くなっていた為keyブースに並ぶことに。
もちろんその人気もあるのですが、会計が2つしかないのが致命的。
人がなかなか捌けず、1時間並びようやく購入。

その後DMMブースでdies iraeグッズを買おうとしましたが
欲しい商品はまさかの売り切れ。
そんなバカなと。列さえなかったというのにそんなことあるのかと。
もしかすると数が少なく、即売り切れてしまったのかもしれません。。。
その後は色々と見回りつつ欲しい物を購入しつつ写真を撮っていきます。


(謎の着ぐるみがいたので思わずパシャリ)

13時になったのでシルキーズプラスブースで次回作「言葉舞い散る夏の風鈴」
の原画家のサイン会を実施していたので、立ち寄りました。

そして待望の14時。今日のメインイベントです。
特設ステージにてDeepOne主題歌「realization」を佐々木李子さんによるミニライブ。
なんとこの曲をフルで披露するのが今回が初めてのこと。
OPサイズは何度も聴いていましたが、前から2列目といういい席を確保したこともあり
迫力が段違いです。かっこよすぎ。
その後は脚本の堀之内さんを迎えてのトークショー。
今回の佐々木李子さんを起用に至った経緯の話では、
プロジェクトのテーマとして「成長」を掲げており、新ブランドのNamelessと共に
一緒に成長できる原石を探していたとのこと。
経歴等は全く見ずに自分の耳を頼りに探したところ佐々木さんに決まったそうです。
確かにさっきの「realization」はすごかった。
また、マスターアップ後も次なる展開を見据えて動き出しているようで、
売り上げ次第ではアニメ化もあるかもしれませんね。
そして作品にも相当自信があるようで、明日にでも発売してもらって感想が聞きたい
とおっしゃってました。
あと、ソーサレス・アライブの話も出てきてやはりこの2作品は互いにいい関係を
築いていることが良く分かりました。

ステージイベントが終わって先ほど無事帰宅したところです。
最後にサインをうpしておわり





DeepOne、他のゲームメーカーからの応援メッセージを公開してしまう

TYPE-MOON代表の応援メッセージで発売前から注目を浴びましたが、
他のゲームメーカーからの応援メッセージ動画まで公開。

あかべぇソフト
Lump Of Sugar
エウシュリー
purple software
ういんどみる
ぱれっと
フロントウイング


この動画を公開するということは、自らハードルを上げているような物で
相当な自信があるのでしょう。発売日が楽しみです。






U-16日本代表、決勝の相手はまさかのタジキスタン

マレーシアでU-17W杯の出場権をかけたU-16アジア選手権が開催されている。

toricも開催自体は知っていたが前回大会(久保、中村、平川ら)に比べると
タレント不足と言われており、注目は桐光学園高校のエース、西川くらいである。

そんなU-16日本代表は初戦のタイ戦でいきなり先制ゴールを許してしまうも
5-2の逆転勝利。次のタジキスタン相手に0-0で引き分け、
開催国のマレーシア戦は豪雨により試合日が延期になったりのトラブルもあったが
2-0で勝ちグループリーグを1位通過。
準々決勝でオマーンを2-1で倒しベスト4入りでW杯出場権を獲得すると
準決勝ではオーストラリアを寄せ付けず3-1で逃げ切り決勝進出を決めた。

しかし今大会、アジアの勢力図に異変が起こっている。
グループリーグではインドネシアがイランに勝ち、そのインドネシアは
準々決勝のオーストラリア戦では2-3の惜敗。
インドも準々決勝進出を果たし韓国戦で0-1の惜敗。
考えられない様な国々がW杯出場まであと一歩のところまで来ている。

そして極めつけはタジキスタンだろう。
初戦のマレーシアに2-6で大敗するも、2戦目の日本戦から守備的な布陣
にシフト。日本戦をスコアレスドローで終えると、
準々決勝の北朝鮮、準決勝の韓国とPK戦までもつれるも
粘り強く勝ち上がり、W杯出場権獲得し決勝進出を決めた。

果たしてタジキスタンが決勝進出するとは一体誰が想像しただろうか。
アジアの勢力図が変わり、タレント不足と言われる中、決勝進出を決めた
日本代表は称賛に値する。
決勝では先制点の行方が鍵を握るだろう。
日本がグループリーグで対戦した時はターンオーバーの控えメンバー。
準決勝をターンオーバーで戦った日本は
主力メンバーをぶつける準備が出来ている。

ソーサレス・アライブようやくOP公開

発注したOPのサイズが間違っててどうせなら作り直そう
ということでようやくOP公開です。




サブキャラのCVに幻想のイデアでのコンビ、ダブル桃井を起用してることも
わかりました。贅沢ですね。

そんな中、放送された恒例のDiGinaitonニコ生では、
発売延期に伴う追加イベント等の情報の告知もありました。
しかし一番の驚きはtoricからのメッセージが紹介されたことです。
くすはらゆいさんが読み上げてくれるなんて嬉しいなぁ。


ソサアラ謝罪

プロフィール

toric

Author:toric
たまひよこっこ所属のaocプレーヤー。
vooblyのクラン「KtwR」に入りたい方は僕の方まで一言。
IRCチャンネルは#とりCの部屋

FC2カウンター
ちょっと寄り道したらいいこといいことあるかも
最新記事
Tree-Arcive
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク