西野JAPAN、コロンビア相手に歴史的勝利で白星スタート!

いや~、やってくれましたね。

この勝利、この勝ち点3というのは今大会のみならず、日本サッカー界の将来にとっても
重要な勝利となりました。

この勝利の重みを果たしてどれだけの人が正しく理解しているでしょうか。
やはりサッカーのワールドカップというのは日本においては莫大なコンテンツと
なっています。昨日試合の視聴率も50%近くまでいきました。

つまり、普段サッカーみていない人たちもワールドカップだからと見るわけです。
今大会は直前のハリル解任等のゴタゴタや親善試合での低調な結果から
3連敗という予想も決して少なくありませんでした。

もし本当に3連敗してしまったら、今後の日本サッカー界への一般人の興味は
薄れてしまうのではないか?という危機感もありました。
だからこそこの勝利でサッカー界の希望を繋ぐことに成功したと言えるでしょう。

MOMは文句なしに大迫です。先制ゴールとなるPK獲得に繋がった粘りのプレー、
前線からのプレスでボールを奪いシュート、後ろからのボールをターンしてシュート、
そして決勝ゴール。まさしく大迫半端ないでした。
後半のハメスの決定機を体でブロックしたのも素晴らしかった。
今頃は来シーズンからプレーするハノーヴァーのファンたちはそのプレイを心待ちに
しているでしょう。

トップ下で先発した香川は初戦という難しさ、まさかの展開でこぼれてきたPK、
完全アウェーのサポーター、ボールの位置修正を指示するコロンビアの選手などなど、
本当にプレッシャーのかかるシーンでした。
特に香川はプレッシャーに弱いと言われており、まさに本田とは正反対の印象。
しかしPK獲得直後は相手GKと話をし余裕さえ伺え、
細かい助走からGKがタイミングを取り辛くし、GKを最後まで逆を付いたシュートは
パーフェクトと言っていいでしょう。

長谷部とボランチを組んだ柴崎は持ち前の視野の広さから良い縦パスを何本も供給。
日本の攻撃にリズムを与えると共に、前線からのプレスでマイボールにするなど
攻守に躍動していました。まさにチームの中心。

長友は前半クアドラードの1v1で自由にせず交代に追い込ませると、
クロスボールの対処でも精一杯にクリア。特に後半にクロスを入れられて
3人に対し長友1人しかマークしてなかったシーンに外へかき出したシーンは
本当によく頑張りました。
乾との連携は要改善。

本田は途中から出場し決勝点をアシストしました。やはりこの男持ってるな
と思いましたが、その後は右に寄りすぎてバランス崩壊、パスミス連発、
運動量も少なく守備に貢献出来ず次も起用するのは怖いなと思った選手でした。

次のセネガル戦も応援しましょう。


スポンサーサイト

柴崎岳と大島僚太の違いから考えるCMF像

サッカーのワールドカップが日に日に近づいて来ています。

日本代表は残りスイス、パラグアイ戦を残すのみとなりました。

先日のガーナ戦では3-6-1のシステムを試しましたが、
ボランチの選手に明暗が別れた結果となりました。

■柴崎岳と大島僚太の違い
日本のボランチといえば、長谷部の様な相手の攻撃の根を潰す選手と、遠藤の様な
攻撃のタクトを振る選手の2種類に大きく分けられます。
柴崎も大島もどちらかといえば攻撃のタクトを振る選手です。
大島は短いパスを細かく繋ぎながらチームにリズムを与えるプレーが多く、
柴崎の方は長いパスを織り交ぜ時には大きな展開も出来る選手です。

■ガーナ戦では大島の良いところがあまり出ず・・・
さてガーナ戦を振り返ってみましょう。
先発は大島と山口のダブルボランチ。3バックを導入したばかりということもあり
ちぐはぐなパス回しが多くみられました。
特に相手側のボランチの山口の出来が非常に悪く、大島は窮屈なプレーに
見えました。
一方、柴崎は60分過ぎに登場し大島とダブルボランチを形成しました。
互いにパスが上手い選手ということもあり、スムーズなパス回しでリズムが出来ていました。

■アンカーシステムの導入を
ハリルJAPANで大島が出場した試合は3試合あったと思います。
ホームのUAE戦、東アジア選手権の中国戦、先日のウクライナ戦。
どの試合でも大島は存在感を出していましたが、この3試合とガーナ戦と
システムが違いました。この3試合では長谷部をアンカーに置き、大島はひとつ前の
インサイドハーフでプレイしました。
これによりトライアングルの形が作りやすくなったのと、ダブルボランチより
攻撃的なプレイに比重が置けるようになっていたのです。

■CMFとボランチの違い
日本ではボランチという言葉が先行していますが、たまにCMFなのにボランチと
言う実況や解説者がいます。CMFとはトップ下やアンカーを置かず、2枚の
中盤の選手で攻守ともに幅広い役割を担います。
現代サッカーでは一番きれいな守備陣形は4-4-2の8枚のブロックの形とされている
ことからCMFを2枚置くチームが世界的に見ても半分くらいはあるんじゃないでしょうか。
陣形を大きく崩すことなくバランスよく守りやすいシステムと言えます。

■CMFとして高いレベルでプレー出来る日本人は少ない
しかしながらCMFはその多くの役割の幅をこなすために様々な能力を必要とする為
日本人でCMFとして完成された選手はほぼいないと言ってもいいでしょう。
柴崎も日本にいた時はボランチでよく起用されていましたが、
ヘタフェでは守備の強度不足から起用頻度は少ないです。
各ポジションで選手層の薄さが指摘されていますが、
日本の殻を破る為にもこのCMFとして戦える選手を増やしていく必要があります。

とはいえ現状いきなりトップ下やアンカーを置かないシステムでは
成り立たないのが今の日本代表なので、アンカーに長谷部、インサイドハーフに
柴崎と大島で4バックに戻す。
これが一番いい形なんじゃないかと思います。

ワールドカップの日程

そろそろワールドカップなので予定を立てるべく
日程を個人的メモで残します。
とりあえずグループリーグで見たい試合に◎を付けました。
特に平日の残業時間の調整がポイントになりそうです。

■6月14日(木)
24:00 ロシア vs サウジアラビア(NHK/NHK BS1)◎

■6月15日(金)
21:00 エジプト vs ウルグアイ(フジテレビ/NHK BS1)
24:00 モロッコ vs イラン(NHK/NHK BS1)
27:00 ポルトガル vs スペイン(NHK/NHK BS1)◎

■6月16日(土)
19:00 フランス vs オーストラリア(NHK/NHK BS1)◎
22:00 アルゼンチン vs アイスランド(NHK/NHK BS1)◎
25:00 ペルー vs デンマーク(フジテレビ/NHK BS1)◎
28:00 クロアチア vs ナイジェリア(日本テレビ/NHK BS1)

■6月17日(日)
21:00 コスタリカ vs セルビア(フジテレビ/NHK BS1)
24:00 ドイツ vs メキシコ(NHK/NHK BS1)◎
27:00 ブラジル vs スイス(NHK/NHK BS1)

■6月18日(月)
21:00 スウェーデン vs 韓国(NHK/NHK BS1)
24:00 ベルギー vs パナマ(フジテレビ/NHK BS1)
27:00 チュニジア vs イングランド(NHK/NHK BS1)

■6月19日(火)
21:00 コロンビア vs 日本(NHK/NHK BS1)◎
24:00 ポーランド vs セネガル(NHK/NHK BS1)
27:00 ロシア vs エジプト(日本テレビ/NHK BS1)

■6月20日(水)
21:00 ポルトガル vs モロッコ(テレビ朝日/NHK BS1)
24:00 ウルグアイ vs サウジアラビア(NHK/NHK BS1)
27:00 イラン vs スペイン(日本テレビ/NHK BS1)

■6月21日(木)
21:00 デンマーク vs オーストラリア(フジテレビ/NHK BS1)
24:00 フランス vs ペルー(NHK/NHK BS1)
27:00 アルゼンチン vs クロアチア(日本テレビ/NHK BS1)◎

■6月22日(金)
21:00 ブラジル vs コスタリカ(テレビ朝日/NHK BS1)◎
24:00 ナイジェリア vs アイスランド(NHK/NHK BS1)
27:00 セルビア vs スイス(NHK/NHK BS1)

■6月23日(土)
21:00 ベルギー vs チュニジア(フジテレビ/NHK BS1)
24:00 韓国 vs メキシコ(テレビ朝日/NHK BS1)
27:00 ドイツ vs スウェーデン(TBS/NHK BS1)◎

■6月24日(日)
21:00 イングランド vs パナマ(NHK/NHK BS1)
24:00 日本 vs セネガル(日本テレビ/NHK BS1)◎
27:00 ポーランド vs コロンビア(TBS/NHK BS1)

■6月25日(月)
23:00 ウルグアイ vs ロシア(TBS/NHK BS1)
23:00 サウジアラビア vs エジプト(NHK/NHK BS1)
27:00 イラン vs ポルトガル(NHK/NHK BS1)
27:00 スペイン vs モロッコ(日本テレビ/NHK BS1)

■6月26日(火)
23:00 デンマーク vs フランス(テレビ朝日/NHK BS1)◎
23:00 オーストラリア vs ペルー(NHK/NHK BS1)
27:00 ナイジェリア vs アルゼンチン(NHK/NHK BS1)
27:00 アイスランド vs クロアチア(日本テレビ/NHK BS1)

■6月27日(水)
23:00 メキシコ vs スウェーデン(TBS/NHK BS1)
23:00 韓国 vs ドイツ(NHK/NHK BS1)◎
27:00 セルビア vs ブラジル(NHK/NHK BS1)
27:00 スイス vs コスタリカ(フジテレビ/NHK BS1)

■6月28日(木)
23:00 日本 vs ポーランド(フジテレビ/NHK BS1)◎
23:00 セネガル vs コロンビア(NHK/NHK BS1)
27:00 パナマ vs チュニジア(日本テレビ/NHK BS1)
27:00 イングランド vs ベルギー(NHK/NHK BS1)◎

決勝トーナメント1回戦

■6月30日(土)
23:00 C組1位 vs D組2位(TBS/NHK BS1)フランスvsクロアチア?
27:00 A組1位 vs B組2位(NHK/NHK BS1)ウルグアイvsポルトガル?

■7月1日(日)
23:00 B組1位 vs A組2位(TBS/NHK BS1)スペインvsエジプト?
27:00 D組1位 vs C組2位(テレビ朝日/NHK BS1)アルゼンチンvsペルー?

■7月2日(月)
23:00 E組1位 vs F組2位(NHK/NHK BS1)ブラジルvsメキシコ?
27:00 G組1位 vs H組2位(NHK/NHK BS1)ベルギーvsポーランド?

■7月3日(火)
23:00 F組1位 vs E組2位(テレビ朝日/NHK BS1)ドイツvsスイス?
27:00 H組1位 vs G組2位(NHK/NHK BS1)コロンビアvsイングランド?

準々決勝

■7月6日(金)
23:00 未定 vs 未定(TBS/NHK BS1)フランスvsポルトガル?
27:00 未定 vs 未定(TBS/NHK BS1)ブラジルvsベルギー?

■7月7日(土)
23:00 未定 vs 未定(NHK/NHK BS1)ドイツvsコロンビア?
27:00 未定 vs 未定(NHK/NHK BS1)スペインvsアルゼンチン?

準決勝

■7月11日(水)
27:00 未定 vs 未定(テレビ朝日/NHK BS1)フランスvsブラジル?

■7月12日(木)
27:00 未定 vs 未定(NHK/NHK BS1)ドイツvsスペイン?

3位決定戦

■7月14日(土)
23:00 未定 vs 未定(テレビ朝日/NHK BS1)フランスvsスペイン?

決勝

■7月15日(日)
24:00 未定 vs 未定(NHK/NHK BS1)ドイツvsブラジル?

ハリルは練習中に選手同士のコミュニケーションを禁止していた!?

選手たちのコメントを聞く限りどうやらそうだったようです。

武藤「選手間でトレーニング中に話していてもいいので、今回は」
本田「選手同士でこれだけ議論ができるのもハリルさんが監督をやっている時はなかった」

サッカーはチームスポーツであり、選手同士のコミュニケーションが必須な競技です。
それなのに練習中にコミュニケーションを禁じるというのは理解出来ません。
最近の代表の試合はミスパスが多く、焦らされる試合が続いていましたが
こういうことなら納得です。

ハリルの解任は当然だし、ここまで引っ張て来た協会は何がしたかったんでしょうか?
現場を見ていた手倉森、西野、田嶋達は何も思わなかったのでしょうか?
確かに最終予選を突破しワールドカップ出場権を獲得し結果は出しましたが、
どうしてもっと早く切ることが出来なかったんでしょうか?
本当に無駄にした3年間だったと思います。

逆に言えばワールドカップに向けては良くなっていく一方な気がします。
とはいえ監督の指示を無視して選手たちだけのやりたいサッカーをし始めて
しまえばそれはブラジル大会の二の舞となるでしょう。



イニエスタ神戸移籍「アジアチャンピオンを目指す」

遅ればせながら、イニエスタの神戸移籍が決定しました。
Jリーグ、そして日本サッカーにとっては非常に嬉しいニュースです。

イニエスタのJリーグ入りに伴い、リーグ中の背番号の変更や
外国人選手枠の撤廃又は緩和という話も加速しているようで、
1人の選手の加入でこれだけの影響力はやはりスーパースター
なんだなと実感します。

メッシとロナウドという超スーパースターがいなければ
バロンドールを受賞していてもおかしくない選手です。

そんなイニエスタは移籍会見で「アジアチャンピオンを目指す」
と目標を語ってくれました。
アジアチャンピオンを目指すにはJリーグで4位以内もしくは
天皇杯で優勝しACL出場権の確保が必要です。

しかし神戸と言えば万年中位クラブ。
なかなかJリーグの上位争いとは縁のないクラブです。
今季のJリーグの順位を見ると1位の広島は飛びぬけていますが
2位以下はまだまだ混戦で、6位という良い順位についています。

ポドルスキとのコンビでACL出場権獲得なるのでしょうか?
否、獲得しなければならないでしょう。


ps. 森山直太朗もきっと喜んでいるに違いありません。







プロフィール

toric

Author:toric
たまひよこっこ所属のaocプレーヤー。
vooblyのクラン「KtwR」に入りたい方は僕の方まで一言。
IRCチャンネルは#とりCの部屋

FC2カウンター
ちょっと寄り道したらいいこといいことあるかも
最新記事
Tree-Arcive
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク