まさに激闘!RF大逆転勝利でAUに2-0

RTSL Season35 KtwR 2-0 AU

2ゲーム共に相手は貢ぎでした。
アラビアではすぐにマヤ貢ぎと気づきましたが、僕の不注意で騎士の内政被害を受けて危うくなるもnanoha無双でgg。
相手がHMにRF選んできたのはすごく驚きでした。
こちらも中国貢ぎでしたが気づいたのはスペインの重騎士量を見てから。
途中で中国2重壁という情報は入っていましたが、ぬくってるものだと勘違いしてました。
ぶち抜かれてしまい遷都。
2国で耐えてもらってる間に復活して最後は王様殺してgg。
途中「作戦負けか」と嘆いてましたが、大逆転での勝利でした。
中国らくだスタートでお願いしてたのが身を結んだ格好でした。
ちなみにnanohaは初のRFプレイだったようです。本当によくやってくれました。

改めて貢ぎの強さを感じました。
特にRFでの貢ぎ相手の戦いは初めてだったのでいい経験になったなぁと思います。

激闘のリプはこちら
スポンサーサイト

もうモンゴルなんて怖くない!?帝王初期後衛マヤ貢ぎ

4v4 Arabiaでの話。
pick civの大会とかでもそうだけど、マヤなら前衛を引きたい。
でも、もし後衛を引いてしまったらどうするか。
1つのプランとして紹介。

即羽からの内政拡大で30分台前半に帝王IN。
羽をフルアップさせて40くらい作る。
そこから交易始めつつガッツリ前衛に貢ぐ。
前衛が近衛騎士ワラワラでgg。

ポイントは帝王羽継続で騎士のサポートに徹する。
イーグルよりも安いし、サポート役に徹して無駄死にを避けることです。
前衛には貢いで近衛を出してもらいましょう。
通常帝王戦では近衛40を維持し続ければ上出来といっていいと思います。
そこを貢ぎが入って近衛60出す。
ほら、もう勝てそうじゃないですか?w
前衛も金に余裕があるので早く交易完成できます。

帝王までどうすればいいかは(マヤ自身と前衛共に無事に内政を拡大できるか)考えてやってくださいね。

参考リプはこちら
僕が前衛で後衛がマヤです。
対面モンゴルなんですが、これだけ騎士が揃えば全然怖くないですよね。

Nations Cupいよいよ決勝トーナメントスタート!

グループリーグがほとんど消化し終わり、いよいよ決勝トーナメントが始まります。
組み合わせはこちら

2回戦からダブルエリミネーション方式となり、1回戦はノックアウト方式で負けたらおわり。
いきなりVietnam_A vs Czech_Aという好カード。

Japan_AはArgentina_AもしくはCanada_Aとの対戦となります。
個人的にはCanada_Aの方が勝てる可能性が高いと思います。
Japan_Aの上位進出の鍵はLN。上位進出を狙うチームはLNも相当仕上がっていたとグループリーグを見て思いました。
1st gameのLNをまずは取りたい。そしてHMもLNといきたいところですが、負けてしまった場合LNをまた選ぶのかどうかが注目されます。Japan_AならばRFをHMにもってきても十分に勝利を狙えるのではないでしょうか。

Legends Unitedサインアップ終了&ブラケット発表



以前からサインアップがオープンしていたインド主催の2v2トーナメント、「Legends United」のサインアップが終了し、ブラケットが発表された。
日本からは6チームくらい?が参加。toricも「Japan Memories」というチームで参戦します。

結構ガチ面子がサインアップしてるのでレベルの高い大会になりそうです。
Bracket

以下注目チーム紹介
・TyRanT Warlords : F1Re RiuT
・zZ : Nicov Fedex Juan
・Immortals : Ra Hasan
・2k4MyAss : St4rk Goku
・TyRanT Bromance : TheViper Jordan
・ForFun : VG_paladin PBT_Dee
・NoPainNoGain : FeAge Dogao BruH
・TyranT Warloads II : BacT Slam

他にも2k+チームがずらりといる様子。
以前あった2v2トーナメントよりも盛り上がりそうですね。

3rdEye、7月に待望の新作発表か!?

まだまだ検討中の内容もございますが、7月上旬から随時お知らせ出来るよう準備しております。@3rdEye_tubuyaki

これは待望の新作発表ですかね。発売時期発表はまだでも、タイトルと公式ページくらいオープンしてほしいな。
ちなみにCharacter1では自称「図鑑」と呼んでいたビジュアルファンブックを夏に発売すると告知していたのでこれもありそうですね。

6/28土曜日で「幻創のイデア」発売1周年記念として特別グッズの通販販売も行うとか。
もう1年経つんですね。早いものだ。

ハメハメされたザックジャパン、奇跡起こせずW杯敗退



前半終了時は奇跡が起こりそうな流れでしたが、途中出場のハメス・ロドリゲスにハメハメされていつもの日本でしたね。


ザックジャパンの4年間の歩みの振り返りと今後に向けてぶっちゃけた話をしてみようと思う。

○「コートジボワール戦の2分間で4年間が無駄になった」
W杯の初戦という難しさの中、2分間で逆転を許したコートジボワール戦後によく聞かれたフレーズである。
しかし、こう考えてみてはどうだろうか?
「ふーん。で? 4年間で何を積み上げてきたの?」
実は積み上げてきた物なんかほとんどなかったんじゃないかと思うんです。

アジア杯で優勝し、アジア予選も1位で通過。コンフェデにも参戦。強豪国にも善戦。ぱっと見悪くない。ザックジャパンの戦跡はこちら
http://kick.or.tv/nippon/history.php?id=zac&view=1
ホームに強豪アルゼンチンを迎えて勝利。アウェーでフランスに勝利。コンフェデではイタリアに惜敗し、ヨーロッパ遠征ではオランダと引き分け、ベルギーには逆転勝利を収めた。
しかし思い出してもらいたい。W杯3次予選、北朝鮮とのアウェーゲームを落とすと、ホームのウズベキスタン戦も落としてしまった。最終予選ではイラクの遠藤に対するマンマーク戦術で内田のスローインからワンチャン決勝ゴールのみだった。さらにはアウェイのヨルダン戦は落としてしまっている。
つまり何が言いたいかというと、
しっかり研究されたガチ試合では日本はいいサッカーが出来ない
そして、親善試合等でブラジル以外の強豪国とはまずまず戦えたということで
ブラジル以外の強豪国ならいいサッカーができるという虚偽の自信を植え付けた
昔から日本は強豪国相手には善戦している。これは相手が攻撃に出てきてくれるおかげでパスカット時にスペースがあるため反撃がしやすいのである。
今回のワールドカップの対戦相手はそういうチームではなく、守備から入るチームで日本は苦手とする相手であると以前紹介した。
オランダやベルギーといった対戦相手は組み合せ抽選会以降に決まった相手であり、もっと日本サッカー協会がマッチメイクを工夫するべきだったのではないだろうか。直前の強化試合ではまだ調整不足のコロンビアと2軍を送り込んできたザンビアといういまいちな相手だった。直前で強豪国とマッチメイクしろとは言わないが、この試合で大量得点、逆転勝利してしまったことで勘違いしてしまったのではないか。
守備に関しては一向に改善されず、指揮官が「2失点しても3点取ればいい」と言い出す程である。


○代表チームとクラブチームの違い
クラブチームとしてはザックの功績としてマンU、ミランに移籍した選手がいた。しかしこれは本当に功績と言えるだろうか。移籍したチームは代表チームのコンビネーションサッカーとは程遠いサッカーが軸。そんなチームで主力として扱われず試合勘が失われ、コンディションもままならない。そんな選手を招集した日本サッカー協会とザックの自業自得なのではないか。そのための代替選手を育成して来なかったのも問題である。一部の選手による代表の私物化という意見も多かった。
内田はシャルケでレギュラーとして活躍しており、CLの経験も豊富。そんな内田の悩みは
「シャルケではうまくいくんだけどね・・・。代表じゃなかなか・・・」
日本代表よりもいい選手が集まっているシャルケ。CLの常連なのだから当たり前か。内田の意図を汲んでくれるチームメイトもいる。
代表チームはぱっと集まってぱっと解散するチーム。クラブチームで取り入れている戦術をそのまま代表チームに落とし込むのは無理があったのではないか。ザックにとっては初めてのW杯。本番ではパワープレイを取り入れるなどその混乱が見受けられた。ぜひとも次の監督はW杯経験のある監督にしてもらいたい。


○進化する南米、アフリカのサッカー
今大会見ていると、コートジボワールやコロンビアに代表されるように今までフィジカルと個人技を生かしたサッカーをしていた国が組織を取り入れ、非常に魅力的なサッカーをするようになってきている。コスタリカは5-4-1というシステムを取り入れ今大会のダークホース的な存在になっている。5-4-1というシステムも同じ組織力がないと結果が出ないシステムなので組織力がどの国も付いてきたと言えよう。
日本のサッカーは、このままだとフィジカルや個人技で差を付けられたまま、組織力だけだと限界があるように思えてならない。
これらのことから今後の日本サッカーは細かいパス回しと連携で崩していくサッカーに縛られていては限界があることがわかる。少しのコンディション不足、試合勘不足、選手の距離感、雨のピッチによるズレなど理想とするサッカーなんてすぐに崩壊してしまう。スペインの予選敗退もこれが1つの原因なのではないだろうか。


以上思ったことをほんの少しだけですが書き殴ってみました。

KtwR、LoSに敗れる

RTSL Season35 KtwR 0-2 LoS

さすがに急造チームじゃ無理でしたね。でもAWにならなくてよかった。
アラビアはモンゴル選んでたつもりがスペインになっていましたwtf。
大会で島々やるのは結構久しぶりでしたね。内政があまりよくなかった。

りぷちゃん

お詫びと訂正

Japan_A vs Mexico_A 6/23 午前11:00~

でした。
まさか月曜の午前中やるわけないだろうと思ってたので・・・。
日本は人集まるのかな。有給とか取るんですかね。

Japan_A vs Mexico_A

6/22 23:00~

先週のvoobly downの影響で今週末に変更。

グループAとグループDは激しい順位争いの模様。
その影響もあってかベスト16の試合形式もBO5→BO7に変更されました。

2014年下期注目ゲーム

早くも2014年の上半期が終了。早いものですね。
下半期に注目しているゲームのOPが公開されたので紹介。


まずは、8/29発売予定のあかべぇそふとすりぃ最新作「できない私が、くり返す。」
後悔している全ての人へ送るループゲー。
同時に体験版も公開されたので要チェックですね。





そして、9/26発売予定のsprite最新作「蒼の彼方のフォーリズム」
あのアニメ化もした「恋チョコ」の原作メーカーの最新作としてかなり注目されているようで、GWに参加したCharacter1ではspriteの紙袋持っている人で溢れ返っていました。
少女達が空を駆け、恋をする物語。
OPは川田まみさんが歌うというのも注目ですね。
こちらは体験版を来週末に先行配布するようです。(toricは配布イベントには参加できない)

poZ_Eason、心臓病で死去

悲しいニュースが飛び込んできました。
poZの中心プレーヤーでもあったpoZ_Easonが心臓病で亡くなったそうです。

なんかAoCZoneのリプがEasonリプで埋めつくされてるなと思っていたんですが、納得しました。
AoCZoneのフォーラム、及び彼のvooblyプロフィールには多くのプレーヤーからメッセージが書き込まれています。
数があまりにも多く紹介しきれないのでURL貼っておきますね。
http://aoczone.net/viewtopic.php?f=7&t=102903
http://www.voobly.com/profile/view/4526

先週末のNations CupのArgentina_Aとのゲームにも出場。Easonの活躍もあって3-2と逆転勝ちを収めていました。
poZは今後辞退はせず大会を続けていくようです。
Easonの分まで頑張って欲しいです。

7月から職場に残業規制発令!22:00施錠厳守へ

へ!?
いやいやいやいや。
帰るの早すぎるでしょう。どこのホワイト企業ですかw
先日の室長お亡くなり事件の影響もあってか、体を大事にして効率よく仕事をしましょうということらしい。
だらだら日付変わるまで仕事してしまって翌日の昼休みに爆睡なんていう光景は珍しくないので・・・。ちなみに200人くらいいるフロアの150人くらいはいつも寝てるようなところです。
22:00施錠なので残業できても21:30までということとなり、1日最大でも4時間しか残業できないようです。
7月から実施なのですが、今週からそれを目標に早めに帰ってる人が多いようです(W杯の影響もあるのかもw)
早く帰れれば少しはAoCする時間があるかもしれませんね。

まさかの不覚。深い森落とす

RTSL Season35 division2 Round1 KtwR 1-1 LOTD

アラビアは圧勝だったけど、相手のHMの深い森を落としてしまいました。作戦ミスかな。

りぷちゃん

なぜ負けてしまったのか?コートジボワール戦



ご存知のように本田のゴールで先制も後半立て続けに失点し逆転負けでした。
僕の目には2006年のドイツW杯のように見えました。

・前線からのプレスが機能しなかった日本
前半20分くらいまではまずまずの出来だった。しかしその後は前線からのプレスがハマらない。
高温多湿で雨も降っているというコンディションを考慮したのか、いつもならプレスに真っ先に岡崎がプレスをかけ行き、それを合図に連動したプレスを始める日本だが、岡崎があまりプレスに行かなかった(ジルビーニョが左サイドスタートだったから警戒して行けなかった?)ために相手に保持される時間が続く。当然追いかけるには体力が必要になるので前半のうちに消耗してしまい後半は足が止まってしまった。というか厚さ対策にアメリカ合宿してたんじゃなかったのか。

・長谷部→遠藤の交代は結果的に悪い方向へ
最近、後半遠藤という形が定着。リズムが悪い時の切り札としての投入された。確かにみんな疲れていてボールポゼッションを高め日本のリズムを作りたかった時間帯だった。しかし本田と香川がパスミスを続けてなかなかリズムが掴めない。
すると長谷部ほどの守備ができない遠藤のいる左サイドから崩されて2失点。ドログバ投入でみんなビビったという記事もあったが、僕はそうとは思わない。
遠藤の投入で守備に隙が出来てしまい、前半から体力を消耗していた香川と長友のサポートが遅れてしまったのである。特に前半から長友が上がったスペースを何度も狙われるシーンが目立っていたので気になっていた。これは、自分たちの攻撃の時に本田香川らのパスミスがカットされ、日本らしい攻撃ができていなかったということにもなる。

・ギリシャ戦のポイントは?
まずは自分たちのサッカーを思い出すこと。そしてコンディションの悪い選手は出さないことである。いくら本田や香川がいい選手と言っても、パスミスばかりで長友の体力が消耗してしまい今回のような自滅を招いてしまう。(本田はゴールを決めたが後半は精彩を欠きパスミストラップミスばかりだった)
ボールを保持して極力体力消耗をさけてコロンビア戦に繋げる。もし後半20分頃までに2-0とリードできるなら慌てて攻めなくてもいい。問題は0-0や0-1の場合であるが・・・。

toricはギリシャ戦の日に午前半休を取得し応援する模様。

今週末の日程

Japan_A vs Vietnam_A 6/14 20:00~

Japan_A vs Mexico_A 6/15 24:00~

時差の影響を考慮しても日曜日の24時からは大変そう。

コートジボワール戦のキーマンは?本田でも香川でもなく・・・

サッカー日本代表がブラジル入りし徐々にW杯の報道がメディアも多くなってきました。

コートジボワール戦に向けていろいろと意見はあると思います。
個人的には決勝トーナメント進出のためには必勝と考えます。
そこで鍵になる選手が、内田。
本田や香川の調子について論議が多くありますが、重要なのが右SB。そのスタメン候補なのが内田。
前回大会は守備重視のシステムになり出番なしに終わり悔しい思いは他の人よりも多い。しかし、シーズン途中で怪我をしてしまい、代表メンバー発表後の試合では全て途中交代。まだコンディションが不十分なのか失点にも絡んでしまった。
W杯本大会では、選手交代は3人まで。よって右SBで交代カードを使うというのは極力さけたいのである。
右SBの酒井宏樹は正確なクロスが持ち味だが、やや守備に不安を残す。
シルビーニョ(アーセナル)のマークに長友は専念することになりそうなので、単純なオーバーラップだけではなく、内田のボランチっぽい攻撃参加にも期待したいところ。

サムライ in ブラジル



カップヌードルの新CM。
鎧着てこの身軽な動き半端ないなと思ってたら、ストリートフットボール世界チャンピオンの徳田選手でした。
大阪でトークイベントがあって見に行ったときに最後の技も披露してましたよ。

Dies irae、膨大なテキスト量の満足度たっぷりの厨二ゲー

Dies iraeようやく終わりました。
3月末からやり始めましたが、途中Nations Cupもあり1ヶ月の中断を経てようやくEND。

なぜそんなにかかったのかというと、膨大なテキスト量が原因。
プレイ時間は60時間弱あると思います。共通ルートは短く、個別ルートがしっかりしていて、各ルートで全く異なる展開になるのがすごく面白かった。



怪物的な力を手に入れた主人公。その最大のボスとなるのが、未知を知らず既知感ばかりで本気を出したことがないというキチガイ。そいつは、死人がいくらでも蘇れるような世界を作るのが目的。主人公サイドはそれを阻止するために奮闘します。
特徴的なのが戦闘シーンでの詠唱。己の渇望を生み出すために歌を歌います。最初はダサいと思っていましたが物語が進んでいくにつれキャラへ感情移入できるようになるとその詠唱の意味がよくわかります。そして最後は鳥肌でしたね。
戦闘BGMも数が多く印象的で燃える曲が多いです。
CG枚数は500枚以上はあるでしょうか。

全部で4ルートありましたが、推奨されている順序でやるのがいいと思います。
この出来で5年前のゲームというのがすごいですね。

NC グループリーグ Round2

Japan_A vs Brazil_A 6/8 20:00~

他注目のカード
Brazil_B vs China_B

RTSL組み合わせ決定。KtwRはTurkey_A、LoSらと同組

RTSL Season35のサインアップが終わり組み合わせが発表された。

NCのため強豪クランはサインアップを見合わせるかと思いきやPoJ、VNS、Arg、nCらがサインアップ。最近では多い合計33チームがサインアップした。

KtwRはdivision2に属し、T_T LoS LOTD DmX Klrz AUと同組になった。
T_TはTurkey_Aで構成されている。
LoSは未だにRiuTの名前があるのが気になる。果たして出場するのか?
KlrzはTMW2013の予選で惜しくもKtwRが敗れてしまった相手。リベンジなるか。

http://www.rts-league.org/leagues/aoc/standings/

Garyやらかしたのにslamがネタに走るから・・・

SY Nations Cup Group D Round1 Argentina_A 3-1 Canada
http://www.aoczone.net/viewtopic.php?f=878&t=102539

1戦目、4v4 DryArabia
モンゴルが互いに逆サイド前衛。みんぺを斥候で倒してカウンターする展開。
Fedex後衛マヤは逆前衛のGaryフンに貢ぎ。
Fedexの前衛Nicovは斥候から全囲いを狙うもさすがに広く囲おうとしすぎて囲いきれず、石弓と騎士が着弾。
なんとか騎士で対処すると、Chris中国はらくだでGary騎士の対応に回り、追加はなし。
ここで貢ぎ先をNicovモンゴルに変更。モンゴル勝ちを狙う。
Nicovは強気に騎士投石からの城寄せ。これが兵生産を止めてぬくっていたRaマヤに刺さる。
ぬくりにぬくっていたJuanペルシアは35分には既に近衛に。しかしArgentina_Aは少し攻め急いだ感もあり、決定打にならず。
逆にmentalistフンが粘って近衛にアップでやや膠着状態に。
されど交易完成度でArgentina_Aに勝負あり。Chrisとmentalistが騎兵単になってしまいgg。

うーん。Canada側とすればJuanに完全にぬくられてしまった。4v2だったのに受けでしたからねぇ。
Chrisにらくだ出してもらってmentalistはぬくるとかでよかった。
Raのぬくり方はぬくりすぎって感じでした。


2戦目、CanadaのHM、3v3 Baltic
PaTiNフンは斥候とガレーに妨害され港追加が大幅に遅れる。
これによりCanadaが海勝ち。
Chrisモンゴルの輸送弓はヒットせず。逆のPaTiNは潜入からJuanバイキンの貢ぎ受け。slamフンは上陸でRaバイキンの貢ぎ受け。
slamの騎士がPaTiNにガチ刺さり。PaTiNはslamが爺と見てRaの内政を荒らす。
Nicovモンゴルが両サイド援護しているが隙を見てslamがNicov内政へ騎士を送ってヒット。
敵陣で内政拡大をしていたslamへPaTiNは槍を混ぜて潰すことに成功。
帝王、途中から貢ぎ先をChrisに変えていた為モンゴル完成度はChrisに軍配。
さらにRaが城主入ってgg。

内政死んでたPaTiNに貢ぐのではなく、こちらも途中からモンゴルに貢いだ方がよかったんじゃ。


3戦目、Argentina_AのHM、Islands
拮抗した展開が続く。Raフンとslamバイキン、GaryバイキンPaTiN日本がそれぞれ優勢。
30分、FedexフンはJuanサラセンに貢ぎ。一時期的にJuanに返してもらって自分も帝王へ。
逆はmentalist日本の内政拡大が遅れた影響が響いて、Chrisサラセンに耐えてもらう展開に。
その間にArgentina_Aは手堅く中央の小島を確保。
Fedexはslamに上陸してゲームを終わらせに出る。
mentalistのガレーがほぼ全滅でgg。


4戦目、3v3 SY Map Pack
引いたマップはAccessible Oasisの中央森が細かくなるタイプ。
Raアステカ、Chrsiフン共にみんぺ。Fedexスペインは囲えてると思ったら囲えてなく、Garyアステカは完全に遅い。
後衛JuanフンがFedexに貢ぎでコンキ。
Garyは囲いきれず弓騎兵にも進入を許し、内政崩壊。完全にやらかし状態。
一方の後衛slamスペインは中央海をガレーするが誰もやっておらず不発。
その間にRaはコンキ圧迫される。
さすがに点数でJuanが貢ぎだわかってるだろうにChrisは対面集中。弓騎兵流せれば勝てたかも。
slamは爺で守ろうとしつつぬくるがコンキの量にじわじわ押される。
それでもネタプレイなのではないかという爺の量で対抗。
ギリギリのところでChrisが援護にかけつける。
Garyが遷都するがslamが先に持ち堪えれずgg。

戦犯slam。ネタに走りすぎた。槍くらい混ぜれば全然耐えれたと思う。
Garyがやらかしまくってたのに勝てないとは・・・。


りぷちゃん



キリン企業CM 「応援する者」篇



一体誰の物語でしょうか?

兵庫→仙台→大阪→○○○→○○○

プロフィール

toric

Author:toric
たまひよこっこ所属のaocプレーヤー。
vooblyのクラン「KtwR」に入りたい方は僕の方まで一言。
IRCチャンネルは#とりCの部屋

FC2カウンター
ちょっと寄り道したらいいこといいことあるかも
最新記事
Tree-Arcive
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク