Titanicにも完敗で悲願の1勝は次節へ

War is Comming Group Stage Group2 KtwR 0-5 Titanic
http://www.aoczone.net/viewtopic.php?f=969&t=105991#p385644

またしても完敗でした。
Ancient Lakeは直前にv4へアップデートされ、敵味方が完全に海で分断されるという完全に別マップに変貌を遂げていたのはいくらなんでもありえない話かと。
遊牧ではtoricのミスが目立ちましたね。僕の立ち回り次第ではワンチャンあったかもしれないのにもったいないことをしました。
ラグだったりドロップだったりで相当ぐだって長引いてる中、配信見て応援してくださった方々には申し訳なかったです。
次も強い相手ですが、悲願の1勝を目指してがんばります。
スポンサーサイト

ガンダムEXPO行ってきました

先週の金曜~日曜に秋葉原で開催されていたガンプラの展示会に行ってきました。

http://bandai-hobby.net/expo2014/index.html

土曜日の朝7:45に友達の車で出発して途中渋滞もあり着いたのは10:00前。
そこからまず物販に並んで限定プラモを買いました。
並んだ時間はなんと

3時間

足が棒になりました。
コミケや電気街祭り、Character1などの物販に参加した中で一番長い待ち時間でした。
晴れて暖かかったのが幸いでした。
そこから昼飯を取り展示場へ。
やはりプラモだけに見る対象物が小さいので、人が溢れてて中々見えない;-;
SKEのメンバーとか有名人?が製作したプラモがいろいろ並んでいましたが、どれもこれもプラモに関する本人コメントが短く、長文のプロフィールに思わず草。
全体的にビルドファイターズ、UC系のプラモが多かったです。
他にもビルドファイターズ、Gのレコンキスタの宣言PV、来年公開予定のTHE ORIGINのPV、プロのプラモ教室、ガンプラ日本選手権(投票)、戦場の絆の新作?などなどあって、まずまずだったかなーという印象。

戦利品です

紙の上の魔法使いPV




まだOP公開されないというのが延期の可能性があってやや不安


ウグイスカグラ『紙の上の魔法使い』

KtwR、SY_Bに完敗

War is Comming Group Stage Group2 KtwR 0-5 SY_B

http://www.aoczone.net/viewtopic.php?f=969&t=105849

1ゲーム取りたかったですが、相手が強すぎました。
今日は外出しててリプ見れてないですが、LNは完全に戦犯。
他のゲームも差を見せ付けられる展開となりました。

3rdeyeが4th projectのタイトル発表。魔法バトル物か

2015年発売予定の3rdeyeの新作タイトル発表

『ソーサリージョーカーズ』

世界観にはさっそく厨二用語連発で3rdeyeらしさいっぱいですねw

どうやら魔法バトル物になるみたい

個人的アギーレ評価

昨日のオーストラリア戦が終わり、アギーレに変わって6試合を消化した。
来年にはアジアカップがあるが、現状の個人的な評価をしたい。

・選手選考
初戦となったウルグアイ戦では、代表初出場の選手が何人かいた。これはJリーグでプレーしている無名選手もしっかり見ているとアピールする狙いがあったと思われる。
ブラジル戦では前の試合と6人スタメンを入れ替え、世界のトップを肌に感じさせる狙いがあったと思われ、このような思い切った采配のできる監督はそんなにいないと思います。
その後、遠藤や今野といったザックの時のメンバーを戻したことについていろいろ言われていますが、思った以上に期待されていた若い選手が伸びてきていないことがわかりました。これはアギーレの責任ではなく日本サッカー全体としての責任があると思います。なのでアジアカップ勝つためにメンバー戻すのはあたりまえ。

・4-3-3のシステム
ザックの頃の4-5-1と異なるシステムであるが、具体的に何が違うんでしょうか。簡潔に答えれば、4-5-1のポゼッション型から4-3-3のカウンター型に移行しつつあります。
前線からプレスをうまくかける狙いは同じですが、前者の場合は中盤で取っても前に1人しかおらずどうしてもカウンターがしにくいのである。一方、後者の場合は中盤で取った後に前線に3人の選手がおり、カウンターがしやすくなります。ホンジュラス戦の本田のゴールはまさに象徴されるシーンと言えるでしょう。
また、FWの両ウイングの選手には運動量と守備力が求められ、強豪相手には引いて守備をしているシーンも見受けられました。よって運動量と守備力に問題のある宇佐美が呼ばれないのもこのせいです。

・本田と香川の縦の関係
ザックの頃はCFの後ろに攻撃的MFを3人横並びで右から岡崎、本田、香川となっており、本田と香川が横並びの関係でした。これがアギーレの場合は右FWに本田、インサイドハーフに香川と置くことで縦の関係となりました。香川が怪我等で共存している試合は多くありませんが、香川→本田へのロングパス、本田が溜めて香川がスペースに走りこんできたリターンなど随所に今までと異なるプレーが見られています。これは本田がミランで同じ4-3-3の右FWで鍛えられているのと同時に岡崎がCFとして覚醒したことが影響しているでしょう。

・オーストラリア戦での見事な采配
4-3-3スタートの日本は、オーストラリアが研究してきたこともあり、アンカーの両サイドのスペースを使われなかなかボールを奪うことができません。それを見て30分過ぎに4-5-1というザックと同じシステムに変更し、徐々に流れが変わり始めたところでハーフタイム。ここでアギーレは思い切って遠藤に代えて今野を投入。ボランチに入った今野のボール奪取能力が発揮され完全に日本のリズムにしてみせたのだ。今野が先制点奪ったのも采配的中でしたね。
果たしてザックだったら遠藤を代えて今野を使うでしょうか?後半もとりあえず遠藤のままでいきそうですね。そして今野をボランチで使うことなんてしないでしょう。
攻撃面では香川が得意のトップ下に入り、ボールを引き出してリズムを作り、遠藤不在の中でもいい攻撃ができていたと思います。

・総括
新しいシステムがもっと浸透すれば日本サッカー成長の可能性あり。
戦術眼もオーストラリア戦を見る限り期待してしまいますね。
問題は若手が伸びてくるかですね。個人的には柴崎がブラジル戦後から調子を落としてそうで心配。

WiCグループリーグ組み合わせが決定。日本勢突破の可能性は?

WiC グループステージ組み合わせはこちら
http://wsvg.net/wic-groups/

展望を予想してほしいということで各グループ上位2チームを予想してみた。

グループ1 : 1位 TyRanT Legends  2位 nC
チームワークに優れるnCが手堅く2位。

グループ2 : 1位 TyRanT Warlords 2位 SY B
TitanicはSY_Bとの直接対決次第でワンチャン。

グループ3 : 1位 SY 2位 PL
Don't lame us plsは、springが足引っ張りそうな予感。

グループ4 : 1位 L_Clan 2位 VN
TheKebabとVNS_Bは共にワンチャン。

グループ5 : 1位 Dreamers zZ 2位 STr8
slettenが遊ばなければ堅いだろう。

グループ6 : 1位 KGB 2位 VNS_A
直接対決次第ではVNS_Aが1位突破の可能性も十分にある。

グループ7 : 1位 poZ 2位 NaBs
日本の2チームが入ることになったグループ。
よく練習しているマップということもありTILTにワンチャンか。

グループ8 : 1位 CKF 2位 PoJ
McLのMahoriとMagnataは要警戒。

【WiC】TyRanT WarlordsらKtwRの対戦相手が決定。

・Group2
Kotowari
RoAmEr_
SY B
Titanic
TyRanT Warlords

分かってたことだけど全部格上。
合計20ゲームある中で何ゲーム勝てるかですね。

他の組み合わせ(途中)はこちら
http://wsvg.net/wic-groups/

ちなみにtoricは風邪を引いてしまった模様。
金曜日の午前中鼻水ひどく、午後収まって夜から朝までカラオケ。
昼に起きたらのどの痛み。お昼寝後、少し寒気+微熱。
現在熱は下がったけど、要観察ってところですね。未だのどは痛いし。


sprite新作「あおかな」発売前にアニメ化決定!

11/28発売となるspriteの新作「蒼の彼方のフォーリズム」、発売前なのにアニメ化が決定しちゃいました。

http://sprite.fairys.tv/2014/11/14/id-2682/

ええええええって感じですよもう。

体験版をプレイする限り、1章ずつ次回予告を作りこんでアニメ化を意識した作りになっていましたが
こんなに早くアニメ化決定するとは思ってもいませんでした。

こうなってくると、並大抵の内容じゃ納得させることはできないと思われるので逆に中身が楽しみです。




仕事が急展開。最悪の場合、11月末に大阪に戻る可能性も

まさかの展開です。

今やっている業務は11月末にて打ち切りする方針をうちの会社が正式に決定しました。
あとは会社vs会社の話で、お客さんが受け入れるかどうかにかかっています。

前からグレーゾーンとなっていた仕事の指示系統の問題が、機密保持に関する話で浮上。
急遽お客さん側も方針を決定し、●●と▲▲の混合を認めない方針を決定した。
ちゃんとリーダーがいれば問題ないのだが、やってる業務が難しくリーダーを立てることが現在不可能。
よってうちの会社は継続不可能と判断し、11月末にて打ち切りを決めた。

思えば今年の春に、新しい業務をやるための重要な初期メンバーに選ばれてやっていく中
難しさの中にも面白さを見つけ、直近3年の構想も組みながら順調に進んでいるように見えました。

しかし、うちの会社の上長が元々そういう問題があることを把握しておきながら、妄想プランを描き
説得し、今ここでそのプランが崩れました。
なんで最初に断らなかったのか。このプランに巻き込まれた一人として大変遺憾に思っています。

そして何より、今もっている業務が11月末で終わるはずもなく、中途半端なところでお客さんに返す
しかない状況が悔しくて溜まりません。
さらにはうちの会社の決定方針がまだお客さんの方にまで降りておらず、
ここ数日はすごく仕事がやりにくくて、モチベも上がらないしどうしたもんかなと。

今後の可能性としては
①うちの会社の方針をお客さんが一蹴。今までとやり方を大幅に変更し業務を続ける。
②toricが大阪に戻って別業務を行う。
③toricが●●となって途中の業務に携わっていく。
④toricは東京に残るが別業務を行う。

最悪のケースとしては大阪に戻ること。
そうなればAoCどころじゃなくなってしまうので避けたいですね。

KtwR、A4Gにストレート勝ちでグループステージ進出決める

War is Comming Qualification Stage KtwR 3-0 A4G

http://www.aoczone.net/viewtopic.php?f=968&t=105485

1戦目、WiC Map Pack
引いたのは、Team Continental。
浅瀬で繋がっているのを見てFloodと全員が勘違いするというハプニング。
進化ボタン押してから3金しかないのに気づいたtoric。前方に浅瀬も見えたため言ってみると中央には大量の金が。
元々太め進化をしようとしていたnanohaマヤに即羽を指示。するとnanohaが大胆に中央に城建築を成功させる。
しかし2v3で海は数的不利な状況。toricは2国に合わせられ受けに回ると、Mits_OSの投石に進入を許す。
ここで柵じゃなくて壁していればそこまで不利にならなかったと思う。さらには焦ってガレー負けするミスも。
ところがnanohaの羽が紫内政にガチ刺さり。海負けしていたbatataも息を吹き返す。
nanohaが帝王入り、batataのタルカンRでggとなった。

2戦目、WiC Dry Arabia
マヤ後衛だったのでreを選択。するとフン後衛。
城主序盤、民即羽を選択したnanohaマヤだったがMits_OSマヤの石弓に6KILLされてしまう。
そのままbatataフン内政に流れ、序盤は劣勢。
城主に入るとBeHeriTモンゴルが早めのマングシフトしたのが当たった。
マングが後衛紫フン内政にヒット。これを見るや相手の緑と紫の騎士が揃って追いかけて草。
その間にbatata騎士が金場などに刺さって形勢逆転。
帝王マヤが遠投羽対決を繰り広げているところにbatata騎士登場でgg。

3戦目、Islands
toric日本の海が完全に外れで、練習の成果は全く発揮されず涙目。AIもこのゲームに限って挙動がおかしかった・・・。
batataフンは後衛バイキンに流れて漁船狩りに成功。しかしその間にMits_OSモンゴルに上陸されてしまう。
それでも領主後半のガレー勝負に勝ったtoricは軍勝ちして城主大型ガレーで追し込もうとするがヘルプに来られてしまい劣勢。特に前に森が集中していたのできつかった。
しかし相手の進軍が遅くnanohaバイキンのヘルプが間に合ってこれを返すと、赤がワンチャン上陸。ここでnanohaは両前衛に資源を配りtoricは城で防衛。batataは中央の金島に上陸する。
ここからただ赤をレイプするショーが幕を開ける。(単に紫へ送った輸送船が撃沈されて矛先変えただけだったり)
ガリオンで完全に周囲を囲うと上陸して城R。結局赤が敗北してgg。

結果3-0のストレート勝ちでした。
1戦目と3戦目は共に金を確保したのが有利に働きました。
今大会、結構陣取り合戦みたいなマップが多いので、各チーム戦術をどうするかがポイントになりそうですね。

直前練習でMap Packを2ゲームやりましたが、2k+18+18、2k+2k+18相手に2連勝したのが大きかった気がする。
http://www.voobly.com/match/view/11500228
http://www.voobly.com/match/view/11500045


ちなみにcelesevとhuns4noobの飛車角落ちでした。仕事が忙しいようですがグループステージでは参戦してくれることに期待しています。






WiC組み合わせ発表。日本勢はグループステージ出場へ視界良好

WiCの予選の組み合わせが発表されました。
http://www.aoczone.net/viewtopic.php?f=957&t=104799

シードチームは、
Tyrant Legends
Tyrant Warlords
SY
PoJ
poZ
KGB
L_Clan
zZ

となり、PoJは運営からの高い期待があるようだ。


他日本勢の組み合わせは

KtwR vs A4G
TILT vs Warriors of Light
Naughty Rubbishes vs TheJedi

となり、日本勢全てがグループステージ進出の可能性も大いにありそうである。
KtwRの対戦するチームは普段BF中心のメンバーであるが、1人だけ18+がいるので気をつけたい。

『紙の上の魔法使い』の体験版でtoricガチ泣き

紹介するのは12/19発売予定のウグイスカグラ新作『紙の上の魔法使い』

魔法使いというと、魔法少女とか厨二バトル系という感じがしますがそんなことなく。

『魔法の本』と呼ばれる本が極秘に存在する世界。
主人公の幼馴染の母親はその魔法の本を秘密裏に管理、隠蔽する仕事をしている。
魔法の本を開いてしまうと、その本の物語に沿ってキャラクターが登場人物に置き換えられる。
その物語は一度開いてしまうと止めようがなく、物語がエンディングを迎えると閉じる。

1章毎に毎回本が変わり、異なる物語が読めるようになっている。
体験版では1章から3章まで読むことが可能。
1章と2章はハッピーエンドでした。
なので3章もハッピーエンドだと思ってました。
途中まではハッピーエンドになりそうでしたがまさかの展開に

え?

涙腺崩壊

しかしあきらめない主人公
「俺はこんなの認めない。■■■■の可能性もあるんじゃないか」
息消沈だった主人公が徐々にポジティブ思考となり、これまでの伏線を辿りなおす。







おおおおおおおお

ここでこの発想はすごい。鳥肌が止まらない。

高まる期待感。

そんないいところで体験版は終わり。

体験版でここまでのゲームを僕は知りません。
同じく体験版をプレイして泣いたことも初めて。

これは神ゲーか。

ファンタジー×ミステリーが織り成す本の世界にあなたも入ってみませんか


ウグイスカグラ『紙の上の魔法使い』

WiCサインアップ終了。クラン勝手に格付けしてみた

個人的主観による物が多いですが悪しからず。


ランクS(優勝候補)
・SY
注目プレーヤー:Paladin、LoveCheng

・TyRanT Legends
注目プレーヤー:TheViper、Jordan_23

------------------------------------------

ランクA(上位入賞候補)
・Dreamers
注目プレーヤー:Juan、Nicov

・Nadya's Boys
注目プレーヤー:Zuppi、8th_wonder

・poZ
注目プレーヤー:Tammy、Mundi

・L_Clan
注目プレーヤー:dogao、Chris

・TyRanT Warlords
注目プレーヤー:RiuT、BacT

--------------------------------------------

ランクB(決勝トーナメント進出候補)
・STr8
注目プレーヤー:Emin、Sletten

・SY_B
注目プレーヤー:qiu、Yu

・KGB
注目プレーヤー:Alive、St4rk

・CKF
注目プレーヤー:Tim、PBT_Dee

--------------------------------------------

ランクC(次点)
・VNS
注目プレーヤー:yellow、ACCM

・VN
注目プレーヤー:DarK_KnighT、TaToH

・PL
注目プレーヤー:Remi、Dziamdziak

・nC
注目プレーヤー:enschrei、pedro

・PoJ
注目プレーヤー:dodonpa、TokiwaMiao


他略。
プロフィール

toric

Author:toric
たまひよこっこ所属のaocプレーヤー。
vooblyのクラン「KtwR」に入りたい方は僕の方まで一言。
IRCチャンネルは#とりCの部屋

FC2カウンター
ちょっと寄り道したらいいこといいことあるかも
最新記事
Tree-Arcive
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク