【朗報】GW突入

やったー やったー

なにしようかな

なにしてあそぼうかな

なにかおうかな


そんな楽しみよりも、仕事をしなくていいということが何よりも嬉しいです。
スポンサーサイト

Brazil_Aがサインアップ

○Brazil_A
F1Re RiuT Dogao Goku St4tk

前回大会はRiuTとdogaoがAとB別れていましたが今回は合同。
miguel、FeAge、WraThらWiCで3位に貢献したメンバーさえ入っていないという本気度ガチ?

SY Nations Cup Ⅱサインアップスタート

SY Nations CupⅡのサインアップが始まった。

前回大会同様に大陸予選を勝ち上がったチームが本戦出場となるが、
今大会はアジアで3グループに分けて上位2チームが本戦へ、3位チームがプレーオフ
へと進出し、勝てば本戦出場となる。
前回大会では、3グループ中1位のみが本戦へ、2位の2チームがプレーオフの権利を
得る方式だった為、今大会はアジア枠が拡大されたと言えるだろう。

The Qualification Stage and Play off's are to be played as a Bo5 in the following manner:
Game 1: 4v4, SY_Dry_Arabia, Hidden Civs
Game 2: 2v2 or 3v3, Home map of whoever lost Game 1 decides, Hidden Civs
Game 3: 2v2 or 3v3, Home map of whoever won Game 1 decides, Hidden Civs
Game 4: 3v3 or 4v4 (Losing Team decides), SY_Map_Pack, Hidden Civs
Game 5: 4v4, SY_Hideout, Hidden Civs

予選の対戦形式で気になるのは2v2の可能性があるということだろうか。
あまり日本人の慣れていない2v2を選択されると厳しい展開が待っているかもしれない。

SY Nations Cup Ⅱが6月よりスタート!

SY Nations Cup Ⅱが6月より始まるようです。
昨年のちょうど今頃に第1回大会が行われていましたが、早くも第2回大会が行われることになります。

http://www.aoczone.net/viewtopic.php?f=7&t=109909

早くもどこが優勝するのか予想合戦が始まっています。
本命はブラジル中国でしょうかね。大穴でアルゼンチン。
ノルウェーは結構レート高いメンバーが増えてきたのでガチメンバー組めれば
ベスト8進出の可能性もあります。

Dies irae、アニメ化プロジェクト始動!

脚本家 正田崇の最新作「相州戦真館学園 万仙陣」が本日発売となりました。

そんな正田崇の過去最高傑作である「Diea irae」のアニメ化プロジェクトが始まりました。

http://www.light.gr.jp/light/products/dies_anime/index.html

これにてお終い(アクタ・エスト・ファーブラ)――Dies iraeという作品について、いったい自分はどれだけこの言葉を使っただろう。言うたびに「ごめんやっぱりまだ続く」と前言撤回してきた永劫回帰。そういうわけでまた始まりそうですグランギニョル。アニメ脚本という未知の領域を進むことになりますが、原作者として既知を忘れないでいたいと思っているため、力を貸してください我らが爪牙よ。あのレギオンをもう一度。

クラウドファンディングにて3000万円以上の融資を一定期間に得ることができればアニメ化が決まるという。


クラウドファンディングの趣旨

1.ユーザーが『Dies irae』のアニメ化を心の底から望んでいるのかを確かめたい。
至極当然のことではありますが、ゲーム作品とアニメーション作品では表現媒体が大きく異なります。そして好評を博しているDiesシリーズですが、初出は2007年、現在から8年も前の作品です。
そのため「ユーザーは本当に『Dies irae』のアニメ化を望んでいるのか?」という不安に駆られていました。
そこで改めて「ユーザーが本当に『Dies irae』のアニメ化を望んでいるのか」を確認し、それが確認された後、そのままの勢いで我々と共にアニメ化プロジェクトの実施を進めていきたいと考えております。

2.アニメ『Dies irae』作品をより高いクオリティで皆様にお届けしたい。
もう一つは、アニメ『Dies irae』をユーザーが満足できる内容にするためです。
アニメ化計画は水面下で進行していますが、その公開媒体は決定しておりません。
しかしながら、今回のクラウドファンディングにおける資金の到達額によっては、テレビアニメ化、テレビアニメ分割2クール、そして劇場版の制作も夢ではありません。


思い切った企画ですが果たしてどうなることやら・・・

「蒼の彼方のフォーリズム」が萌えゲーアワード2014大賞受賞!

あおかなかな


4/23 21:00より萌えゲーアワード公式サイトにて生放送され受賞作品が発表されました。

toricもガチでオススメする「蒼の彼方のフォーリズム」が見事大賞に輝き、ユーザー支持賞とのダブル受賞となりました。
アニメの方も期待が高まります。

他にもtoricのプレイ作品では、
「相州戦神館学園 八命陣」が燃え系作品賞を受賞。
「Clover Day's」がキャラクターデザイン賞を受賞。
「ハピメア Fragmentation Dream」「できない私が、くり返す。」が主題歌賞を受賞。
「紙の上の魔法使い」がニューブランド賞を受賞。

toricの目は節穴ではないことが証明された模様です。
2015年はどんな作品が受賞するのでしょうか。

朝4時から起きてAoCやった結果

先週の話。
金曜日の21時過ぎに寝て土曜日の朝4時に起きてAoCしました。

vooblyだと活発な時間帯なので、日本時間22時~24時と比べてゲーム数が多く、
埋まるスピードも早い。
結局朝9時まで少し休憩も取りつつ6ゲームしました。

ゲームした後は、まだ土曜日は始まったばかりだぜという高揚感があって、
悪くない物だなと思いました。

WiC総括②

WiC総括②ということで、今日は貢ぎについてです。

大会前には30分回るまで貢ぎ禁止と宣言し、あまりの反発の多さに貢ぎのテク研究の時代をずらす
MODを導入しての大会となりました。
果たしてこの効果はあったのでしょうか?

ほとんどの人が知っているとおり、この効果はほとんどありませんでした。
というのもMap Packのランダム性やチームランダムという設定のゲームが多く、
地形や文明によって貢ぐのが当然というゲームが多かったです。
例を挙げるとPoJ vs VNSのGolden_Hillの1戦でしょう。
スペイン、マヤ、アステカ、ケルトの文明を引いたゲームはアステカとケルトの2国貢が恐らく強い。
生で配信を見ていましたが2国貢ぎを選んだチームが勝つだろうと思ってました。
案の定2国貢ぎを選んだVNSが序盤の短期決戦で抑え込んだゲームとなりました。
Team_Continentalも似たように海を含み中央に金鉱があるチームランダムマップ
となり各チームがその引いた文明によって貢ぎ役を考えてのプレーとなりました。
貢ぎを減らしたいのにマップや文明がそれを矛盾してしまっているという問題が貢が減らなかった
大きな要因でした。

今後は?
ゲーム毎に貢ぎの可否がゲームルールに追加される可能性があります。
また現在行われているWar Of Aggressionで導入されている壁や柵ができないMODの導入が
こういう規模の大会でもされれば壁できないので貢がしにくくなる状況を作り出すこともできると思います。

長門有希ちゃんの消失

原作コミックは全く読んでませんが始まったアニメ見ています。

1話は作画と長門中心の別物のラブコメちっくで耐えて何とか視聴。
2話でハルヒ登場で懐かしさを感じ。
3話では文芸部に不法侵入。ここら辺は原作小説の消失のストーリーをなぞってたりと懐かしさMAX。
聞きなれた台詞と見たことある展開に比較動画が待ちきれないですね。

春アニメはこれとグリザイアかな。

WSVG World Championships 2015

http://www.aoczone.net/viewtopic.php?f=3&t=109481&sid=18db2b798ecfa37a008b7eeee60df943

1v1の頂点を決める賞金総額100万円のトーナメントがスタート!

ちょっと今までの1v1のトーナメントと異なり、予選が地区毎に区切られており、
各地区予選の8名が次のラウンドに進出。
最後に残った8名が9月にLANイベントで集結し決着を付ける。
(ライブ配信される模様)

地区予選は中国勢、香港勢が強そう。地区予選でベスト8に生き残る日本人プレーヤーは
誕生するのでしょうか?
サインアップは4/30まで。地区予選には64名まで出場可能です。

ようやく市民権が…「日本のプロゲーマー」を取り巻く環境

◆プロゲーマーとはどんな仕事?

 プロゲーマーとは、ゲームをプレイしてお金を稼ぐプレイヤーのこと。ゲーム大会の優勝賞金や、スポンサーとの契約料などが主な収入源となるが、海外のトップクラスの選手になると、1億円超の年収があるといわれている。

 海外では、ゲームをスポーツ競技と考える動きが早くから広まっており、ゲームは“e-sports”と呼ばれて親しまれている。

 例えばアメリカでは、PC向けゲームの『League of Legends』(以下、『LoL』) の公式大会“League Championship Series ”をプロスポーツとして認定。海外の出場選手にはプロアスリートビザが発行され、MLBやNBAといったプロスポーツの外国人選手と同じように扱われる。

 また、韓国でもe-sportsが非常に盛んで、“学生のなりたい職業”の2位にプロゲーマーが選ばれるほど人気を博している。

“ゲーム=娯楽”の考えが根強い日本では、プロゲーマーが誕生しにくかったものの、日本初の給与制プロゲーミングチームが誕生したり、’16年の春からプロゲーマーを育成する専門学校が開校するなど、プロとして活躍する場や目指す場が増えつつあるのだ。

◆選手たちが共同で生活してお互いのスキルを伸ばす<シェアハウス>

 e-sportsは、個人戦とチーム戦に分類できる。2月17日より、ゲーミングハウス(チームメンバーが共同生活を送るシェアハウスのこと)での生活をスタートさせたDetonatioN FocusMeは、チーム戦で活動する日本初の給与制プロゲーミングチーム。現在、下は18歳から上は24歳まで、若者を中心に7人の選手が在籍している。

「昨年末に支援してくれるスポンサーが見つかり、家賃や給与の支払いのメドが立ったので、選手たちに意思確認を行い、満場一致でプロゲーミングチームをつくりました」と力強く答えてくれたのは、DetonatioNの代表を務める梅崎伸幸氏。とある上場企業の営業マンとして安定した生活を送っていたが、日本のプロゲーマーのレベルを上げるために一念発起。昨年末に退職し、チームの運営に全力を注いでいる。

◆遊びじゃない!? 厳しいプロの世界

 選手たちの給与はスタメンとリザーブで差はあるものの、「リザーブの選手でも高卒初任給を少し下回る額を支払っています」とのこと。

 労務行政研究所が発表したデータによると、’14年度の高卒初任給は16万1687円也。明確な回答は得られなかったが、家賃や光熱費、食費などは引かれないので、手取り約16万円と考えれば決して悪くはない。

「ゲームに専念しやすいし、メンバーとコミュニケーションをとりやすいのがメリットです」(Ceros氏)と、選手にも好評だ。

「とはいえ、選手たちとは2年間の契約期間中であっても、成績が悪かったり、今後の成長が期待できそうでなければ、契約を解除できる仕組みにしています。厳しいかもしれませんが、給与を払っている以上、選手たちにはプロとしての自覚を持ってほしいので」

 梅崎氏は厳しいことを言いながらも、選手たちの引退後のサポートもしっかりと考えている。

「PCゲームの世界は、若手が次々に台頭してくるので、25歳くらいで引退する選手が多い。将来に不安を抱えたままプロを目指すことがないように、受け入れ先の確保にも全力を注いでいます」

◆e-sportsの認知度が広がり、活躍の場が増加!<個人>

 個人戦のタイトルで活躍するのは日本人初のプロゲーマーとして知られる梅原大吾氏を筆頭とする格闘ゲームプレイヤーだ。’12年にゲーミングデバイスメーカーのRazerとスポンサー契約を結んだ板橋ザンギエフ氏も、プロゲーマーとして活動する格闘ゲームプレイヤーの一人。

 長年、第一線で活躍している板橋氏は、「ここ数年で、e-sportsが広く認知されるようになり、数年前と比べてプレイの価値が上昇しているように感じています。活動の幅が広がってきているという実感もありますね」と教えてくれた。

「e-sportsは、ほかのスポーツと比べて新しいタイトルがリリースされたり、仕様が調整されたりと、目まぐるしく進化しています。将来を読みにくい面はありますが、経済レベルが活性化していく傾向にあるのは間違いないと思います。ある意味、『ゲームをやり込んでいるすべてのプレイヤーに、チャンスが広がっている』と言えるのではないでしょうか」

 もちろん、板橋氏や梅原氏のように、トッププレイヤーとして活躍できる者はごくわずか。また、スポンサーと契約し、晴れてプロゲーマーになれたとしても、スポンサードだけでは安定した生活が送れないという声もある。

 給与制のプロゲーミングチームと比べると、プロゲーマーとして食べていくのは、より茨の道だが、海外では優勝賞金が数千万円規模のものから1億円になる大会が存在するのも事実。日本で行われる大会も徐々に賞金額が増えているといわれているし、プレイヤーとして人気が出れば、ゲーム実況者として大会のイベントに参加したり、テレビやネットで配信される動画に出演するといったタレントのような活動も行えるようになる。今後はプロゲーマーで億万長者になる日本人も出てくるかも?



週刊SPA!より抜粋

25歳で引退ということはtoric選手もちょうど引退の時期か

中田英寿×三浦知良×前園真聖 日本サッカー界3大スターが対談!NHKボクらの時代





サッカー元日本代表の三浦知良(48=横浜FC)、前園真聖氏(41)、
中田英寿氏(38)の3人が12日に放送されたフジテレビのトーク番組「ボクらの時代」(日曜前7:00)に出演し、日本人代表監督を“提言”した。

 サッカー界“ビッグ3”の豪華共演。この日の放送は5日の前編に続いての後編で、
カズの恋愛、結婚、子育てなどプライベートな話題から日本サッカー界の未来についても言及した。

Jリーグや代表の監督就任に必要なJFA公認S級コーチの資格を持つ前園氏に対し、カズと中田氏はライセンスを持っていない。
「現場で選手と触れ合うのが苦手」と言い切る中田氏は指導者の道は完全否定したものの、GM的な立場には興味を示した。

そんな中田氏の持つ人脈について、カズは「もったいない」といい、前園氏は「それを日本サッカー協会はもっと活用すればいい」と主張した。
さらに代表監督に問題にも話しは及び、カズは「偉そうなことは言えないけど、日本人の(代表)監督を、日本サッカー協会が人材をつくっていくべき時期にきている」と提言。
カズは「勝てない時があるかもしれないけど、周囲は我慢していかなきゃいけない」と持論を展開した。

ただ、自身の代表監督については「ありえない」と断言。「それぞれの立場でサッカーに携わりながら、また一緒にやらせてもらえれば」いう前園氏に、
中田氏が「ゾノ監督、(自分が)GM、(カズを指し)選手でいいじゃん」と提案。前園氏は「選手?カズさん?続けて下さいよ」と困惑していた。


前園JAPANというより前園は何を目指してるんだ・・・

武藤チェルシーから正式オファー

FC東京の武藤にイングランドプレミアリーグの名門チェルシーから正式オファーがあったようです。
先日より噂になってはいましたがエイプリルフールネタではないかという話で半信半疑でした。
FC東京の社長はスポンサーの影響を否定していましたが、チェルシーのアジア戦略第1歩という
ことになるのでしょうか。

武藤は昨年の慶応大学在籍時代からFC東京の強化指定選手に登録されると、
MFからFWにコンバートされ才能が開花。その著しい成長に、ブラジルW杯惨敗に終わった
日本の唯一の希望と称され、アギーレ時代には日本代表に選出。初ゴールも決めた。
昨シーズンは新人最多得点記録に並ぶ13ゴールを上げる活躍を見せた。

・チェルシーで武藤の居場所はあるのか?
多くのメディア、ファンからは厳しい目線や指摘が多いですが、僕はそうは思っていません。
モウリーリョのサッカーは前線からのハードワーク高い戦術理解力が鍵となっており、
武藤の持ち味である前線からの守備力、慶応大学出身という頭の良さが生きるのではないか
そう考えています。もちろんこれには言語の問題とコミュニケーションの問題もあります。
何が言いたいかというと、海外に移籍した選手で活躍している選手にはこの4つを
満たしている選手が多いからです。

最終判断は本人がするもの。ロシアW杯出場を見込んでいるなら代表にまだ定着しきれていない
(ゴールが1つだけ)中で、失敗するかもしれないチェルシー移籍は選ばないだろう。
しかし本人がロシアW杯出場よりも自分のサッカー選手としての成長を期待するなら
このタイミングでのチェルシー移籍。デメリットばかりではないはずだ。


WiC総括①

WiCが終わりました。上位陣の順位を見ると若干の違いはありますがだいたい予想通り。
大きな波乱等もなく終わりました。
ここ数年、毎年大きな大会が開催されて各チームのレベルがわかるようになり、
実際に賞金争いしてるチームには失礼ですが、マンネリ化していると思います。
毎回同じチームが優勝する、上位の顔ぶれが変わらない。
そんな中での開催となったWiCの狙いから今後を占ってみようと思います。

総括1回目の今回は「賞金」について。
今大会の賞金総額は1000万円にも及ぶ近年稀に見る高額な大会となりました。
さらに、順位以外の部分で賞金が割り振られていました。
グループステージ毎のベストゲームや順位予想や配信者、決勝ではゲーム毎にまで。

注目したいのがベストゲームやゲーム毎に割り振られていたこと。
何が言いたいかというと、今後はより「ゲーム内容を求める大会」となっていくことが予想されます。
手に汗握るような接戦、、思いもしなかった逆転劇、下克上で格上に勝利などなど。
よりよい「good game」に賞金をかけることによる、ゲーム内容向上。
これがAoCの面白さ楽しさを伝えることとなり、さらに業界が発展していく
サイクルへとなるのではないかと思います。

「グリザイアの迷宮」「グリザイアの楽園」アニメ放送開始!

4/12より放送開始。
ニコ生での放送情報も更新されていました。
初回は60分スペシャルで、この回で迷宮やるらしいがうまく収まるのか?


Balance of Power

http://www.aoczone.net/viewtopic.php?f=3&t=109126

vooblyで使用されているAoC Balance Patch を用いた1v1トーナメントの開催が発表されました。
賞金は総額10万円。サインアップは4/17までだが既に多くのプレーヤーがサインアップしている模様。
128人の枠なので出たい人は急げ!

Angel Beats! -1st beat-のOPが公開

アニメ化から5年。ゲーム化決定からも延期を繰り返していましたが、
ようやく本当に5/29に発売となるようです。
1st beatというので今作のみで完結というわけではないですが、アニメではなかったルート等
あるそうなのでやりたいですね。
そしてやっぱりLiaの歌はイイですね。声がきれいでよく胸に届く。
アニメのOPの天使ちゃんのピアノ演奏シーンも引き継いでるのは懐かしさも感じます。
松下5段はヒロイン枠かな?(錯乱)




最近アニメやゲームの話題が多いですが、AoCのWiC総括記事も書き始めたのでもう少し待ってください。

ソーサリージョーカーズ発売延期もトレーラームービー公開

3rdEyeの4作目となるソーサリージョーカーズの発売延期が発表されました。
4/24→6/26

完成度上がるなら全然OK。幻創のイデアも2ヶ月延期ありましたね。
4月はlightやpurple softwareの新作もあり激戦区だったので逆に助かったという気も。

だからなのかトレーラームービーが公開されました。
今後は主題歌→CM→OP→体験版とじわじわと攻めてきそうですね。
じっくりと待ちましょう

Key15周年記念作品「Harmonia」

4/1と言えば新年度。入社式。入学式・・・はまだか。何が言いたいかというと、エイプリルフールです。

そんな中Keyが15周年記念作品のPVを公開。




以前はエイプリルフールに「Rewrite」の2nd OPを公開してネタだと思わせておいて本物だったということで
話題になりました。




果たして今回はネタなのでしょうか。それとも本物なんでしょうか。
プロフィール

toric

Author:toric
たまひよこっこ所属のaocプレーヤー。
vooblyのクラン「KtwR」に入りたい方は僕の方まで一言。
IRCチャンネルは#とりCの部屋

FC2カウンター
ちょっと寄り道したらいいこといいことあるかも
最新記事
Tree-Arcive
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク