U-23日本代表がU-23メキシコ代表に勝利!

U-23日本代表 2-1 U-23メキシコ代表

昨日の試合は寝ようとしてふと番組表を見たらテレ東でやることを30分前に知りました。
アジア予選を無敗優勝したU-23日本。ロンドンでは金メダルを獲得するなど
若手世代の育成に定評のあるメキシコとのテストマッチとなりました。

■新戦力とフォーメーション
前半のフォーメーションは4-5-1。
アジア予選で慣れ親しんだ4-4-2と違ったのは世界仕様か武蔵、浅野らFWの怪我人の影響か。
スタメンもアジア予選を共に戦ったメンバーが揃う。
選出確実となり遠征免除されたGK櫛引に代わり柏の中村、怪我で離脱中の室屋に代わり
オランダ2部でプレーする際が右SBとなった。

中島のゴールで先制した後も日本は前線の久保、南野、中島らが連動した前からのプレス、
球際での激しさを見せボールを奪取、南野の追加点もあり、チャンスを作る。

後半に入り日本はシステムと選手を次々に変える。
立ち上がりはガンバの井手口を入れての3ボランチの4-3-3。
10分過ぎにはアビスパの金森を投入し4-4-2。
他にもアジア予選では招集しなかった鳥栖の鎌田、浦和の関根らを投入した。
しかしその後はメキシコのペースとなり失点。なんとか逃げ切っての勝利となった。

■手倉森JAPANの選考基準は球際の激しさが求められる
オランダ2部の際はまだ合流して二日しか経ってないということもあり連携がいまいち。
失点シーンでは相手のボレーに対し体を寄せきれなかった。
もう1歩、もう1m前に体を出せればゴールは防げていただろう。

後半メキシコにペースを掴まれた理由としては新戦力のプレスの甘さにある。
J1でプレーをしている金森、鎌田、関根らだが南野、中島らアジア予選のメンバーと比べれば
球際の激しさは全く異なった。

金森は前から時にはDFまで戻り運動量豊富に追いかけたが、足を出す、体を入れる前にいなされて
空回りしてる感があった。
鎌田、関根らはあまりプレスをかけられてなかった。これが試合ではとても重要で、
チーム戦術でもおり1v1のプレス技術は個の力でもある。

特に中央にいた鎌田はその球際に激しくないプレーは悪い意味で目立ちやる気の無ささえ感じた。
J1では中田英寿の再来などの高い評価をされている鎌田だが、昔のファンタジスタタイプは
現代のトップ下では輝きを失ってしまうだろう。

浦和でドリブラーとして活躍している関根は持ち味のドリブルは影を潜めあまりチャンスに絡めなかった。
連携もまだだろうが、球際の1v1に勝利しマイボールにしてチャンスを作ってほしい。

金森はもう少し守備でうまくならないと生き残れないだろう。1つゴール前でシュートがあったが、
早いボールをトラップしてシュートまでの速さは彼の持ち味。そのシュート技術はぜひともチームに欲しい。

J1で戦っているメンバーがいまいちだったのに対し中島はFC東京のトップチームは選考外でJ3のチーム
でプレーしている。その他にも手倉森JAPANのメンバーは豊川、アドらJ2でプレーしている選手も
珍しくない。でも球際でしっかり戦える選手であることは間違いない。

■別格だった植田、遠藤、南野、久保
植田はアジア予選を通じて安定感が増しましたね。鹿島でも開幕からレギュラーを獲得。
手倉森JAPANとしても今後の日本代表にとっても貴重なCBになってくれそうです。

アジア予選は直前にインフルだった影響もありコンディションが悪かったか。今日の試合では
中盤の底で輝いていました。球際のプレス、インターセプトの守備面の他に
ボールを左右に配給。ガンバの遠藤かと思いましたよ。もう大島はいらないですね。
キャプテンとして非常に冷静に周囲に指示もしていて、長谷部の後継者に問題なさそうです。

南野はアジア予選ではエースとしての大きなプレッシャーとも戦っていたことが予想されます。
今日の試合ではキレキレ。ゴールも決め、前線の久保や中島とのコンビネーションの良さは
オリンピックメンバーに生き残る重要な要素。

最後に久保です。最前線の選手ですが最後まで試合に出場。
前線からのプレスも勿論のこと、そこまで上背はないですがボールの収まりもよく安定していました。
仕掛けるところは仕掛ける姿勢はFWとして非常に重要なポイント。顔付もグッドです。

本当にオリンピックでメダルの可能性さえ出てきたと思える収穫と課題の見つかったいい試合でした。





スポンサーサイト

やられたらやり返す。倍返しだ!―――相手キレオチ

4v4 arabiaでの出来事

toricフン後衛。
事が起こったのは城主後半のそろそろ帝王押そうかというタイミング。
前衛BeHeriTと合わせの展開で内政はノーガード。
逆騎士の騎士が3列がこっちの内政に突っ込んでくるではありませんか。
一応フレアとチャットで逆騎士が来たことを連絡し、
前衛に送っていた騎士を急いで戻す。
TCの数を多めにしていたこともあり、内政は最小限の被害に食い止めると帝王IN。

重騎士を一部逆に送ったのが絶妙なタイミングで、相手の進軍を止めて
味方の城建設をサポートする形に。
BeHeriTがせめていいよというので、内政に近衛で突っ込んでみる。
対面のブリトンは槍だくになっていたので、これはちょうどいい。
城主後半にやられた仕返しをしようと、逆に行ってみると相手がキレオチ。
前線の戦いを見る限りまだどちらが勝つかわからない展開だっただけに
大きな戦意喪失を与えることができました。

それもそのはず。黄色視点で見れば前線にも逆騎士がヘルプに来て
さらには自分の内政にまで逆騎士が雪崩れ込んできてるので
たまったもんじゃありません。

p.s. 最近帝王での金欠がひどいです。もっと早く交易しないと・・・

りぷちゃん



『愛する人をリビングデットとして蘇らせるか、怒りを超越しその美しい戦い方で私を殺すか』

凍京NECROプレイ終わりました。
ニトロプラス15周年記念作品ということで気合の入りようが伝わってきました。

西暦2199年の凍京―――
2000年には将来の地球温暖化が懸念されていたがやってきたのは氷河期だった。
米中戦争に使われた殺傷兵器の成分が変化し死亡率90%の感染症が世界に蔓延。
東京はあまりの寒さにその名前を『凍京』に変えてしまうほどだった。
ホットパイプがないとあまりの寒さに生きられない世界。
そんな世界に希望なんてあるのか?生きる意味とは?

米中戦争にて投入された大量のリビングデット。ネクロマンシーによる死者再生技術。
しかしリビングデットになると急激に感情が劣化。2週間で感情を失ってしまうという。
そんなネクロマンサーを狩る仕事を請け負っている早雲とエチカ。
ある日早雲は仕事中にイリアと出会う。しかし彼女には記憶がなかった。

突如電子機器を電波ジャックして流れ出すサブコンのゲリラライブ。
天才ハッカーのコン・スー。
最悪のネクロマンサーと言われるミルグラム。
そしてイリアとは一体何者なのか。
一見別々の事象と思いきやすべては繋がっていく・・・


圧倒的な世界観とW主人公によるシナリオは幻創のイデアを思い起こし。
3Dを駆使した戦闘シーン、敵キャラ、リビングデットの再殺はサイコパスっぽくて。
脳をいじって改ざんしたりハッキングしたりっていうのはシュタゲに似てて。
教会のシーンはPhantomのような印象深さ。


神ゲー認定してもいいでしょう。
BGMは全部で53曲と大ボリューム。
ちょっとグロいシーンもあるので注意。
レズ有り、ホモ有りの自由恋愛。
あと、凍京と大阪の生殖行為によって名古屋が生まれるって話は
ちょっとレベル高くてついていけないですねぇ。




BeHeriTも称賛。絶妙な合わせでフィンランドFMTに快勝

4v4 Dry Arabiaでの出来事。
久しぶりに気持ちいい合わせができました。

僕は後衛スペインで、前衛がケルトBeHeriTさん。
定石の石弓+騎士vs石弓+騎士の合わせの展開に。
初段で全てが決まったと言っても良かった。
相手の弓の方が数多いと見るや即後衛流れ。
これが伐採に刺さりtoric内政勝ちへ。

その後は相手の前衛と後衛の間を陣取り敵を分断。
これやられる側は結構しんどい。
どっちに攻めてくるのかわからないし、
前衛と後衛で兵がばらけてしまう可能性もあります。

帝王序盤の城4つPUSH+遠投+近衛騎士サポートだと
前衛は兵いなくても押し込めますね。
gg。

りぷちゃん


凍京NECRO絶賛プレイ中

絶賛プレイ中ですが、早くも今年No.1ゲームの予感がします。

発売2日前に公開されたPVが実は名セリフ集だった件




Money Cup、大会配信が面白い

Money Cupの記事の要望があったので。

大会直後にはスポンサー離れや離脱者も何人かいてトラブルがあったみたいですが、
ここまでは順調な盛り上がりを見せていると言えると思います。

僕自身はIPゲーできないので不参加の為蚊帳の外状態ですが、
KtwRメンバーの出てるゲームをいくつか配信を視聴しました。

今大会の特徴の1つが、配信者と解説者が何人かいることです。
同じ時間帯に行われているゲームを同時に視聴できるメリットはもちろんのこと、
その配信者、解説者の独自の目線からの解説、語り口調等が
飽きずにいろいろ聞いて楽しめます。
また、大会となるとメジャーな戦術が多くなるのが一般的ですが
レートでバランス良く分けているおかげで、低レートが高レートを奇策で抑えたり
相手の中心プレーヤーの内政を連携で荒したりと見応えがあります。
HPには実況動画がある為、見逃した人も見れるのが嬉しいところです。

そんなMoney Cupですが、グループBは混戦でプレーオフを行うことになった模様です。
決勝トーナメントからはBETコンテストもあるそうなのでまだまだ盛り上がることに期待しましょう。


じゅんいちダビッドソンのMILANOサプライズツアー

以前、ミラン公認探しの旅がテレビで放送されましたが
あれとは別で、今度はスポンサーの東洋タイヤの企画。

ちょうどミラノダービーで本田選手は先制ゴールをアシストしましたね。
今回はいいタイミングだったと思います。


チームがまとまらなかったなでしこJAPAN

中国に1-2で負けて3戦終わって勝ち点1。
オリンピック出場の可能性は0ではないが限りなく0に近い。

■チームの崩壊はW杯から既に始まっていた?
昨年の女子W杯で日本は準優勝という好成績収めた。
大会前はアメリカ、フランス、ドイツには勝てないだろうと言われ、組み合わせ次第ではベスト4
いけるかいけないくらいと予想された。
しかし蓋を開けてみるとグループリーグから1点差の接戦の試合となる。
王者として挑んだ日本はW杯初出場のチーム相手に苦戦。
攻撃力の低下が随所に見受けられた。
なんとかグループリーグ1位で突破するが決勝トーナメントからも手に汗握る接戦。
イングランド戦では終了間際の出来的ゴールでメディアからはドラマチックだと
称賛の声さえ聞かれた。もちろん結果が全てであり。結果を出したのは素晴らしかった。

■澤引退で深まるW杯優勝メンバーと新戦力との意識の違い
昨年12月、これまでチームを引っ張ってきた澤が現役引退を発表した。
しかし澤が引退したことによりチームは分裂。
昨日の試合後のサポーターへの挨拶。
キャプテン宮間は最前列で涙を流しながら礼。
しかし他のメンバーは宮間の隣に並ばず2列程度後ろで礼。
本気でオリンピック出場を目指していたのは宮間だけだったのかと思うようなシーンだった。
また、試合後に坂口、大儀見等がチームとしてのまとまりが欠如していたと思われる発言もあった。

■世代交代で我慢して4年後東京オリンピックへ
4年後の2020年は東京オリンピックがある。よって予選免除となる為
もし失敗してしまえば女子サッカーは輝きを失ってしまうだろう。
ノリオは長期政権の間に田中陽子や猶本光等の若手を起用するも世代交代に失敗。
「W杯優勝メンバー」に頼る形となったのが今大会の予選。
しかし30歳前後になる彼女らは劣化を隠せなかった。
トラップ、パスミスにより自慢のパスワークは影を潜め、運動量やスピードで勝負してきた選手は
平凡な選手になってしまった。
となると世代交代は必須。次期監督にはU-20を指揮している高倉監督が有力とみられている。
若い世代には詳しいと思われ、積極的な起用が予想される。
2019年のW杯は失敗してもいいのでぜひとも東京オリンピックで成功してほしい。


【悲報】Masters of MegaRandomの開催が発表されるも即効でサインアップ締め切られる

http://aoczone.net/viewtopic.php?f=3&t=119593

Masters of MegaRandomの開催が発表されました。
しかし即効でサインアップが締め切られるという珍事に。
というのもこれ1v1の大会で、32プレーヤーまでの枠しかない。
サインアップ期間は3/27までなので、まさかこれほど需要があるとは
開催者側が思ってなかったんじゃないでしょうか。

そして非常に興味深いのがゲーム設定。

Game Settings
Game : Random Map
Map : MegaRandom (download here)
Size : 2 player map
Resources : Standard
Population : 200
Game Speed : Normal
Reveal Map : Normal
Starting Age : depending on the game, see below
Victory Condition : Standard

スタートの時代がRoundやMatch毎に異なるという。
例えば「城主 - 帝王」ならば城主の時代から始まることになる。
資源量は標準のままなので最初は内政をすることになりそうだが、
最初からTCが建つので増設の速さが鍵を握りそうだ。
騎士やユニークユニット等の強力な兵が最初から出せるので
一体どんな展開のゲームとなるか興味深いです。
また、MegaRandomなので当然地形によって戦い方も変えていく必要があります。

アラビアや遊牧、LNそしてDMとはまた違った魅力を引き出すことはできるのだろうか?


プロフィール

toric

Author:toric
たまひよこっこ所属のaocプレーヤー。
vooblyのクラン「KtwR」に入りたい方は僕の方まで一言。
IRCチャンネルは#とりCの部屋

FC2カウンター
ちょっと寄り道したらいいこといいことあるかも
最新記事
Tree-Arcive
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク