日本、ロシアW杯本大会出場決定!

本ブログではプレーオフの可能性を示唆していましたが、まさかの出場が決まりました。

21歳の井手口、22歳の浅野がゴールを決めたことでようやく世代交代が出来そうな
感じです。また、井手口の好守に渡る運動量は素晴らしい物があり、2点目の試合を
決めるゴールは中田英寿の姿を彷彿とさせました。

■ようやく完成が見えてきたハリルサッカー
予選を戦っていくうちに本田が先発から外れ、原口が起用され若返りを試していく中で
前線からのプレスサッカーが浸透してきました。
この日は長谷部アンカー+井手口と山口のインサイドハーフという新たなトライアングル
の布陣となりました。

思えば伏線はありました。前回のアウェーのイラク戦です。
怪我で香川を欠いてしまった為、井手口及び山口をインサイドハーフで起用したのです。
(長谷部も怪我の為アンカーは遠藤でした)
しかし中立開催となったイラン戦は猛暑。しかもデーゲームということになり消耗戦となる為、
今日ほどのハイプレスは出来ずいまいちハマりませんでした。

今日は井手口があまりにも素晴らしかった為か後半山口の存在感がなくなりました。
前半に右サイドの攻撃時の山口の攻撃参加がいまいちだったことにより、
ボールが一旦アンカーの長谷部に戻ってきたところでロスト、もしくはパスを
奪われるシーンが何度かありました。
もうちょっと攻撃時に相手のボランチとDFの間に入って受けれる選手が必要なのかな
と思ったシーンでした。

日本の場合、アウェーのUAE戦の様にインサイドハーフの1枚には必ず攻撃時にパサーや
アクセントの付けられる選手を起用していました。その筆頭が香川です。
また、昔から日本には司令塔タイプの選手がいないと自分たちでリズムを作れず
ゴールが生まれない変な癖が身についていました。

しかし今日は2ゴールが生まれました。一瞬を付いた浅野とドリブルからのミドルシュート。
他にもいくつか決定機が生まれておりもっとゴールが生まれてもおかしくありませんでした。
時間はかかりましたが、昔の『変な癖』を克服しつつあるのかもしれません。
流れるようなパスワークからシュートというシーンはあまりありませんでしたが、
どこか南アフリアを戦った岡田JAPANのような匂いを感じました。

■本大会で通用するかは未知数
今日は気候条件としてもこのサッカーをするには有利に働きました。
またオーストラリアのパスサッカーの精度が低いのも影響があったと考えます。
本大会に出てきてパスサッカーをするチームはもっと精度が高かったり、
暑かったり、試合間隔が短かったりします。
このサッカーが出来なかった場合を想定したオプションを何かしら準備しておくことが
今後重要になってくるのかなと思います。



スポンサーサイト

U-17日本代表がバツラフ・イェジェク国際ユーストーナメントで優勝

■U-17W杯へ視界良好
サッカーU-17日本代表がバツラフ・イェジェク国際ユーストーナメントに出場し優勝。
10月にインドで行われるU-17W杯に弾みを付けた。

オリンピック世代の年少組に当たり、昨年のU-16アジア選手権ではゴールを量産し
本大会出場を決めた。
U-20W杯にも出場した久保建英はさらに1つ世代となるが、招集は確実視されている。
今大会でも2ゴールを記録した久保。
どうしても久保が注目されるがその他のFW宮代、棚橋、中村ら攻撃陣にタレントが揃う。
今までのU-17代表と異なるのが圧倒的な個の力である。
ゴールシーンのハイライトを見てみると、ドリブル突破し1人でゴールを決めてしまうのだ。
さらにMF平川のパスセンスがエッセンスとして加わり、破壊力を高めている。

今大会では攻撃陣が爆発。やや守備面に課題を残した物の充実した大会となったと言えるだろう。
U-17W杯前の最後の国際大会=最後のアピールの舞台となった。
過去U-17W杯での最高成績はベスト8。次の大会ではその成績を上回りたいところだ。
また、最初にも書いた様にオリンピックに出場する可能性がある。
U-17W杯で好成績を残し、3年後のオリンピックメンバーに選ばれる為の戦いがもうすぐ始まる。


【NC2017】Japan_AがTurkey_Aに快勝でSL KOステージベスト16進出

SY Nations Cup 2017 Silver League Knockout Stage Round32 Japan_A 3-0 Turkey_A

http://www.aoczone.net/viewtopic.php?f=1565&t=134330

Turkey_Aは予想通りベストメンバーを揃えてきましたが
Erayが子供を病院に連れて行っていた影響でネカフェから参戦。
ダウンロード、インストールに時間がかかったこともあり、
1時間以上遅れでスタートするトラブルもあった。

だが蓋を開けてみるとJapan_Aが持ち前のチームワークを発揮。
gurenさんの荒らしがとにかく刺さりまくりの状態で
3戦共にまともに帝王戦をしないままggとなりました。

この勢いで次も勝って欲しいところです。

グリザイア ファントムトリガーのアニメ化企画推進中

グリザイアシリーズ(果実、迷宮、楽園)に続いての続編となる
ファントムトリガーもアニメ化が決定しました。



ゲームをプレイする限り、キャラはタナトスさん以外全然違いますが、
グリザイアの雰囲気はそのままなのでグリザイアシリーズ好きな人は
問題なさそうです。

しかしFrontWingさんはグリザイア ファントムトリガーよりも先に
『ISLAND』のアニメ化をまずはしないといけないんじゃないですかね。




【NC2017】Japan_AはTurkey_Aと対戦へ

シルバーリーグのKnockout Stage Bracketの組み合わせが発表された。

http://www.aoczone.net/viewtopic.php?f=1539&t=130673

Japan_AはGroup_Kを1位で突破。Group_Hを1位で突破したTurkey_Aと対戦する。
Turkey_AはRa_Berkが2.2kまでレートを伸ばし調子を上げている他、
シルバーリーグのグループステージには出場していなかったErayら主力メンバーが
出場してきた場合は一筋縄ではいかない相手となりそうだ。

ちなみにベスト8まで進むとゴールドリーグの前に立ちふさがった
Brazil_Cと再戦する可能性がある。
リベンジマッチが見たいなぁ。

怪我人多発のハリルJAPAN、大一番に挑むメンバー明日発表

ワールドカップ出場をかけたアジア最終予選のオーストラリア戦、
サウジアラビア戦に向けたメンバーが明日発表される。

■代表候補メンバーには怪我人が多発
大迫、香川はギリギリ間に合うかもしれないと言われているが、
コンディションが未知数だ。
本田は怪我から戻りメキシコリーグデビュー戦でゴールを決めたものの
動きにキレはなく体が非常に重そうな印象を受けた。
長谷部はようやく怪我が治り試合に復帰したばかり。
久保は前回のイラク戦で怪我を負いながらも交代カードが残っておらず
強行出場した影響が残り、調整不足。
今シーズンリーグでは未だノーゴールである。

■選ぶべきメンバーは?
コンディションが未知数、不足している選手は招集するべきではない。
Jリーグ組を除く海外組で招集するべきなのは次の選手。
FW:岡崎、乾、原口、武藤
MF:長谷部、柴崎、小林
DF:長友、吉田、酒井宏

香川、本田、清武のトップ下が出来る選手がいない代わりに
本職の柴崎と小林。岡崎を1.5列目で起用もできる。
大迫という大黒柱のCFには代わりに武藤。
ベルギーリーグで絶好調の森岡は、ハリルJAPANでの
招集実績がない為、いきなり初めての選手は呼びにくい。

しかしながらオーストラリア戦で出場が決まらず最終戦まで
もつれた場合はサウジアラビア戦のみ大迫と香川を招集
するという手はありだと思う。

明日のメンバー発表に注目したい。


【NC2017】Finland_AがBrazil_Bに競り勝ちGrand Finalへ

SY Nations Cup 2017 Gold League Knockout Stage Winner Bracket Final Finland_A 4-3 Brazil_B
http://www.aoczone.net/viewtopic.php?f=1559&t=134190

China勢に勝った勢いのままFinland_Aが決勝に進みました。
勝利のWinと掛けてWinlandとかって言われていますね。
Finland_Aがこのまま優勝するのでしょうか?それとも・・・

タイムリープ史に残る神ゲー『景の海のアペイリア』

『景の海のアペイリア』完走しました。



本当にここまでのシナリオとは想像出来ず感服しました。

タイムリープ物のゲームは『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』を原点とし、
題材として様々な施行を加えた結果『STEINS;GATE』がヒットし、
今ではタイムリープ物の代表作となりました。

タイムリープを題材とした物語の多くは大きく分けて次の2パターンに分類されます。
『STEINS;GATE』や『魔法少女まどかマギカ』、『できない私が、くり返す。』などの
主人公(ヒロイン)がタイムリープする方法を手に入れて物語が進んでいくパターン。
もう1つが、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』や『涼宮ハルヒの憂鬱』などの
何かしらの外的要因にてタイムリープしてしまうパターンです。

前者の場合はタイムリープするトリックや原理やタイミングが明確となっている
のに対し、後者の場合はタイムリープする原理やトリガーが不明な場合が多いです。
今作の『景の海のアペイリア』はこの後者に該当されます。



主人公やヒロインたちが何度もタイムリープに巻き込まれることにより、
誰が、どうやって、何の目的で、何がトリガーになってタイムリープするのかを
図を使った解説と共に解き明かしていきます。

「失敗したからもう一度タイムリープするのではなく、タイムリープさせないように
戦略を立てつつ挑むも失敗してタイムリープされてしまう」そんなゲームです。

時には主人公の解読になるほどと共感し、でも実はミスリードで驚きの展開が
待っていたりと、謎が謎が呼び非常にワクワクするストーリーでした。
伏線が何個も張り巡らされており、最終的にタイムリープの原理がわかった時、
納得せざるを得ませんでした。本当に良くできているゲームです。



また、タイムリープのみならず、人工知能が絡み合うことで、その人工知能が
タイムリープしていく度に学習していくというところが興味深かったです。

単純にタイムリープの質という観点から言えば『STEINS;GATE』以上と言っても
過言ではないと個人的には評価します。




現時点で某サイトのランキングのシナリオゲーではダントツトップの評価となっています。
今後もどこかでアペイリアという名前を耳にすることがあるかもしれませんね。


【NC2017】Finland_Aが2週連続の快挙!SYに続きFranticも倒す

SY NC2017 Gold League Winner Bracket Semi Final Finlad_A 4-3 China Frantic

http://www.aoczone.net/viewtopic.php?f=1559&t=133969


これによりFinland_AはWinner BracketのFinalに進出。
Brazil_AとBrazil_Bの勝者と対戦します。
まだ敗者復活枠で中国勢が上がって来る可能性はありますが、
中国勢同士の決勝の可能性はなくなりました。

【悲報】最近の若い子、ピカチュウを知らない

ピカチュウ自体はポケモンのキャラだというのは知っているようですが・・・。
あまりにもジェネレーションギャップを感じたので記述。

仕事中の出来事でした。

Aさん「ピカチュウどこいった?(Cさんの席を指差しながら)」
Bさん「なんでピカチュウなんですか?」
Aさん「(Cさんが)あまりにも席にいないから」
toric「面白い表現ですね」
Bさん「え?どういうことですか?」
Aさん「出現率低いじゃん」
Bさん「そうなんですか?」
Aさん・toric「え?知らないの?」
Bさん「(初代)をやったことないです」
Aさん「ええー!?あれほどトキワの森で苦労して探すのに」
   ---Cさんが戻ってくる---
toric「(Cさんは)ピカチュウというよりはスイクンとかじゃないですか?」
Aさん「なるほど。確かに」
Cさん「わかるわかる」
Bさん「スイクンもわからないです」
Aさん「伝説のポケモンみたいなやつだよ」
Bさん「ファイヤーとかサンダーの方が捕まえるの難しくないですか?」
toric「いやいやあいつら動かないし、必ずそこにいるもん(だから楽)
Cさん「ピカチュウの方が出てくるまでが大変だよ」
Bさん「ところでピカチュウとライチュウってどっちが捕まえやすいですか?」
Aさん「は?何言ってんの。野生で出てこないじゃん」
Bさん「知らないです」
toric「マチスのライチュウは野生で捕まえたとBさん思ってるでしょ」
Bさん「そもそもマチスって誰ですか」


ちなみにBさんは21歳。Aさんは僕の1つ上です。
名前だけは有名でも詳しい特性までは実際にプレイしてないと
わからないということです。



アニメDies irae 10月6日より放送開始!新PVも公開

http://diesirae-anime.com/





公式サイトがリニューアルされ、クラウドファンディングの支援者リストも公開されました。
なおtoricは本名で支援したのでtoricの名前を探してもありません。

OPとED担当も発表されましたが、EDを担当する諏訪部順一さん・鳥海浩輔さんのユニット
「フェロ☆メン」に個人的に注目。
黄金&水銀のコンビとなる為一体どのようなネタを仕組んでくるのでしょうか。

【NC2017】Finland_AがChina_SYに競り勝つ

http://www.aoczone.net/viewtopic.php?f=1539&t=130671

リプは夏休みの宿題とします。


プロフィール

toric

Author:toric
たまひよこっこ所属のaocプレーヤー。
vooblyのクラン「KtwR」に入りたい方は僕の方まで一言。
IRCチャンネルは#とりCの部屋

FC2カウンター
ちょっと寄り道したらいいこといいことあるかも
最新記事
Tree-Arcive
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク