相州戦神館學園 八命陣、面白かったです

lightの最新作、『相州戦神館學園 八命陣』CG回収を残して全ルート終わりました。
Dies iraeと同じシナリオライター、イラスト、音楽ということでDies irae好きなら持って来いです。


主人公は明晰夢をずっと見続け、夢の中でメインヒロインの水希と再開します。
実はこれ、プロローグが1週目で物語スタートは2週目。ループゲーです。
しかし主人公たちは謎の記憶喪失状態。
夢の中では各人の思った夢の力が使うことができる厨二空間。
主人公の友達が夢の中に入れるようになり、夢の中で姿を消した父親に会えるかも知れないと思い
母親を夢に連れてくるが、そこに現れた鬼畜親父が母親を殺してしまう。

なんかハピメアっぽいです。

トラスト3


この父親は嫁、息子、友達を総じて屑と思っており、口癖が「せいぜい俺の役に立て」
そのセリフだけからでもわかる鬼畜っぷりがいいキャラしているんですが、この親父以外にも
いいキャラがいるんです。


私は強い男の人が好き。

でもあの時そんなこと言わなければよかった。

だって■■■■は弱いから。

今でも絶えず悔いている。強い男の人が好きなんて絶対に言ってはいけなかったのだ。

トラスト1


虫、ゴキブリ、糞便などが集まってできた汚い醜い祟りの悪魔。
ボイスは変声機を使っていますが、これは人ではないキャラと区別するために使っている模様。
何が面白いって、的確な精神攻撃。メインヒロインの心をズタズタにします。
そして、異様な程メインヒロインのことを気にいっている様子。

トラスト2

「きれいだ水希。君はまったく美しい」
「ああ、水希。水希。僕のかわいい水希いいいいぃぃぃぃ」
「なあ、今の僕は強いだろう。だから愛してくれよ」

あげくにヒロインの体から蜂の足を生やしたり、虫の羽を生やしたりと、ビジュアル的にひどいことにされてしまいます。
この神野ってキャラはこのゲームで一番気に入っていますよ。


登場するラスボスは、現代社会に対してこう主張をしています。

トラスト4

人権、訴訟。見当違いの愛護精神。百姓を襲う熊を尊重せよと言う部外者、
いるかやくじらをまるで人間と同等の価値があると見なす自称愛の戦士たち。
まとめて阿呆よ。脳に蛆が湧いている。
畜生を人と同列に扱い、悪党の裁きにさえ見当違いの不平不満が噴出しては
いないだろうか。被害者を許せと強制する偽善者は声だけ大きくなっていないか?
己は生きる権利がある。社会や法に守られている。高度文明化された庇護の中、
覚悟なく糞を口から垂れ流す愚民の群れ。安全圏の中だけで威勢よく、考慮もせず、
ただ図々しい形ばかりの講釈を垂れる人畜ども。認められるものではない。
いいか、相手を扱き下ろすなと言っているわけではない。ただ他者を貶すという
のなら、その人物と直接向き合い、その目を見ながら罵倒を浴びせるだけの覚悟
それを持てと言っている。名前すら書かれていない手紙や電報越しの言葉などに、
何の力が宿るというのだ。


これは同意せざるを得ない。
最近はSMS等の普及で誰でも簡単に有名人に対して罵倒を浴びせるし、
と思ったらあっさりと掌返しするし、そんな世の中にうんざりしているラスボスさん。

ゲームの中でこういう主張をするゲームは面白いですね。
単純な面白さはDies iraeの方が上かな。
gg



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toric

Author:toric
たまひよこっこ所属のaocプレーヤー。
vooblyのクラン「KtwR」に入りたい方は僕の方まで一言。
IRCチャンネルは#とりCの部屋

FC2カウンター
ちょっと寄り道したらいいこといいことあるかも
最新記事
Tree-Arcive
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク