疑惑の渦中のアギーレに英断を

サッカーのアジアカップが迫ってきた。
海外からは日本代表の前評判は高く、優勝候補筆頭に上げられているが、日本国内ではアギーレが八百長に関わった可能性があるとして疑惑が浮上している。
そんな中日本代表でもう1つの問題がある。

「香川を使うべきか否か」

2010年W杯後にドルトムントに移籍し2連覇に貢献すると強豪マンUに移籍。着実なキャリアアップが期待されたが監督交代等により輝きは薄れ、ドルトムントに復帰するもチームの調子が上がらない中本人も調子が良くない。

現在のアギーレJAPANでのポジションは本職でないCH。慣れているトップ下と比べ、ゴール前まで距離が離れておりゴール前での顔出しする機会はどうしても減少してしまう。さらには守備面でも求められる為、本人も苦手意識のある守備を突かれて失点するリスクもある。

問題なのは本人とアギーレとの思想の違いである。
香川自身は自分は点を取る選手であるから点を取らないといけないと自分に言い聞かせ、アギーレは香川を前線へのリンクマンとして使いたいのである。
先日行われた地元チームのオークランドシティとの1戦。香川が横パスばかりで効果的な縦パスを入れれずアギーレが帽子を地面に叩きつけて怒ったとか何とか。
本日行われた練習試合でも香川がいない方が点を取っていることから問題は深刻なのかもしれない。

個人的にはアジアカップ代表よりもドルトムントの遠征に帯同させるべきだったと思う。
このままだと代表に香川のポジションはなく、ドルトムントに帰ってきても出番がないまま出場機会は減って行くだろう。
今からでも遅くはない。怪我なりなんなり理由を付けて香川をドルトムントに戻すという英断をアギーレにはしてもらいたいものである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toric

Author:toric
たまひよこっこ所属のaocプレーヤー。
vooblyのクラン「KtwR」に入りたい方は僕の方まで一言。
IRCチャンネルは#とりCの部屋

FC2カウンター
ちょっと寄り道したらいいこといいことあるかも
最新記事
Tree-Arcive
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク