運命を"斬り"開け!選択肢に富んだゲーム性溢れる作品

運命線上のΦをプレイ終わりました。

4種類のストーリーが準備されているこの作品はスタート時の手紙を普通に開けたり、
裏返したり斬ってみたりとすることで分岐するという斬新なギミックが積み込まれている。

選択肢が非常に多く、ヒロインのメインルート以外にもノーマルEND、BAD ENDも多岐に渡って存在。
選択肢を単に選ぶだけでなく、主人公の異能である"斬"という能力で実際に選択肢を切ることで
別の選択肢が出現したり、他のヒロインの異能を使って別の運命を切り開いたり、
選択肢以外の物も切れてしまうという拘りっぷりが面白い。




さらには途中でBAD ENDの無限ループに突入。
セーブとロードを繰り返すことで選択肢が変貌し、決められた選択肢を15ターン選んでいくという
鬼畜っぷりにさすがのtoricも攻略を見るしかありませんでした。難しすぎ。




ストーリーはいまいちだったけど、選択肢を"斬って"運命を斬り開いていくという
面白さは確かにあった作品でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toric

Author:toric
たまひよこっこ所属のaocプレーヤー。
vooblyのクラン「KtwR」に入りたい方は僕の方まで一言。
IRCチャンネルは#とりCの部屋

FC2カウンター
ちょっと寄り道したらいいこといいことあるかも
最新記事
Tree-Arcive
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク