WiC総括①

WiCが終わりました。上位陣の順位を見ると若干の違いはありますがだいたい予想通り。
大きな波乱等もなく終わりました。
ここ数年、毎年大きな大会が開催されて各チームのレベルがわかるようになり、
実際に賞金争いしてるチームには失礼ですが、マンネリ化していると思います。
毎回同じチームが優勝する、上位の顔ぶれが変わらない。
そんな中での開催となったWiCの狙いから今後を占ってみようと思います。

総括1回目の今回は「賞金」について。
今大会の賞金総額は1000万円にも及ぶ近年稀に見る高額な大会となりました。
さらに、順位以外の部分で賞金が割り振られていました。
グループステージ毎のベストゲームや順位予想や配信者、決勝ではゲーム毎にまで。

注目したいのがベストゲームやゲーム毎に割り振られていたこと。
何が言いたいかというと、今後はより「ゲーム内容を求める大会」となっていくことが予想されます。
手に汗握るような接戦、、思いもしなかった逆転劇、下克上で格上に勝利などなど。
よりよい「good game」に賞金をかけることによる、ゲーム内容向上。
これがAoCの面白さ楽しさを伝えることとなり、さらに業界が発展していく
サイクルへとなるのではないかと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toric

Author:toric
たまひよこっこ所属のaocプレーヤー。
vooblyのクラン「KtwR」に入りたい方は僕の方まで一言。
IRCチャンネルは#とりCの部屋

FC2カウンター
ちょっと寄り道したらいいこといいことあるかも
最新記事
Tree-Arcive
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク