チームがまとまらなかったなでしこJAPAN

中国に1-2で負けて3戦終わって勝ち点1。
オリンピック出場の可能性は0ではないが限りなく0に近い。

■チームの崩壊はW杯から既に始まっていた?
昨年の女子W杯で日本は準優勝という好成績収めた。
大会前はアメリカ、フランス、ドイツには勝てないだろうと言われ、組み合わせ次第ではベスト4
いけるかいけないくらいと予想された。
しかし蓋を開けてみるとグループリーグから1点差の接戦の試合となる。
王者として挑んだ日本はW杯初出場のチーム相手に苦戦。
攻撃力の低下が随所に見受けられた。
なんとかグループリーグ1位で突破するが決勝トーナメントからも手に汗握る接戦。
イングランド戦では終了間際の出来的ゴールでメディアからはドラマチックだと
称賛の声さえ聞かれた。もちろん結果が全てであり。結果を出したのは素晴らしかった。

■澤引退で深まるW杯優勝メンバーと新戦力との意識の違い
昨年12月、これまでチームを引っ張ってきた澤が現役引退を発表した。
しかし澤が引退したことによりチームは分裂。
昨日の試合後のサポーターへの挨拶。
キャプテン宮間は最前列で涙を流しながら礼。
しかし他のメンバーは宮間の隣に並ばず2列程度後ろで礼。
本気でオリンピック出場を目指していたのは宮間だけだったのかと思うようなシーンだった。
また、試合後に坂口、大儀見等がチームとしてのまとまりが欠如していたと思われる発言もあった。

■世代交代で我慢して4年後東京オリンピックへ
4年後の2020年は東京オリンピックがある。よって予選免除となる為
もし失敗してしまえば女子サッカーは輝きを失ってしまうだろう。
ノリオは長期政権の間に田中陽子や猶本光等の若手を起用するも世代交代に失敗。
「W杯優勝メンバー」に頼る形となったのが今大会の予選。
しかし30歳前後になる彼女らは劣化を隠せなかった。
トラップ、パスミスにより自慢のパスワークは影を潜め、運動量やスピードで勝負してきた選手は
平凡な選手になってしまった。
となると世代交代は必須。次期監督にはU-20を指揮している高倉監督が有力とみられている。
若い世代には詳しいと思われ、積極的な起用が予想される。
2019年のW杯は失敗してもいいのでぜひとも東京オリンピックで成功してほしい。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toric

Author:toric
たまひよこっこ所属のaocプレーヤー。
vooblyのクラン「KtwR」に入りたい方は僕の方まで一言。
IRCチャンネルは#とりCの部屋

FC2カウンター
ちょっと寄り道したらいいこといいことあるかも
最新記事
Tree-Arcive
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク