Jリーグ開幕戦をDAZNで見てみた

昨年のCWCでの鹿島の快進撃もあり、今年からJリーグの賞金総額は22億円
に跳ね上がったと共に、スマホ等の普及により視聴方法も変化した。

Jリーグの試合を放送していたスカパーが撤退し、DAZNが参入。
月額1750円という手ごろな価格でJリーグのみならずブンデスやセリエAなどの
海外サッカー、他の様々スポーツまで観戦することができる。

1ヶ月のお試し期間は無料ということでさっそくtoricも
Jリーグ開幕戦をDAZNで見ることにした。

昼放送の注目カード、浦和や鹿島の試合は快適に視聴できた。
画質も高画質だし、実況解説もそれなりのレベルの人材を用意していた。
しかし夕方のセレッソ、川崎等の試合になると
ライブ映像の読み込み頻度が跳ね上がりまともに試合が見れる状態
ではなく、耐えきれず視聴を辞めるほどだった。

この同様な報告は多くあり、今後に向けてDAZNは
サーバー等の強化を急務に進めないと、
サッカーファンを掴んでいくことは難しくなるだろうと予想する。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toric

Author:toric
たまひよこっこ所属のaocプレーヤー。
vooblyのクラン「KtwR」に入りたい方は僕の方まで一言。
IRCチャンネルは#とりCの部屋

FC2カウンター
ちょっと寄り道したらいいこといいことあるかも
最新記事
Tree-Arcive
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク