タイムリープ史に残る神ゲー『景の海のアペイリア』

『景の海のアペイリア』完走しました。



本当にここまでのシナリオとは想像出来ず感服しました。

タイムリープ物のゲームは『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』を原点とし、
題材として様々な施行を加えた結果『STEINS;GATE』がヒットし、
今ではタイムリープ物の代表作となりました。

タイムリープを題材とした物語の多くは大きく分けて次の2パターンに分類されます。
『STEINS;GATE』や『魔法少女まどかマギカ』、『できない私が、くり返す。』などの
主人公(ヒロイン)がタイムリープする方法を手に入れて物語が進んでいくパターン。
もう1つが、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』や『涼宮ハルヒの憂鬱』などの
何かしらの外的要因にてタイムリープしてしまうパターンです。

前者の場合はタイムリープするトリックや原理やタイミングが明確となっている
のに対し、後者の場合はタイムリープする原理やトリガーが不明な場合が多いです。
今作の『景の海のアペイリア』はこの後者に該当されます。



主人公やヒロインたちが何度もタイムリープに巻き込まれることにより、
誰が、どうやって、何の目的で、何がトリガーになってタイムリープするのかを
図を使った解説と共に解き明かしていきます。

「失敗したからもう一度タイムリープするのではなく、タイムリープさせないように
戦略を立てつつ挑むも失敗してタイムリープされてしまう」そんなゲームです。

時には主人公の解読になるほどと共感し、でも実はミスリードで驚きの展開が
待っていたりと、謎が謎が呼び非常にワクワクするストーリーでした。
伏線が何個も張り巡らされており、最終的にタイムリープの原理がわかった時、
納得せざるを得ませんでした。本当に良くできているゲームです。



また、タイムリープのみならず、人工知能が絡み合うことで、その人工知能が
タイムリープしていく度に学習していくというところが興味深かったです。

単純にタイムリープの質という観点から言えば『STEINS;GATE』以上と言っても
過言ではないと個人的には評価します。




現時点で某サイトのランキングのシナリオゲーではダントツトップの評価となっています。
今後もどこかでアペイリアという名前を耳にすることがあるかもしれませんね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toric

Author:toric
たまひよこっこ所属のaocプレーヤー。
vooblyのクラン「KtwR」に入りたい方は僕の方まで一言。
IRCチャンネルは#とりCの部屋

FC2カウンター
ちょっと寄り道したらいいこといいことあるかも
最新記事
Tree-Arcive
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク