FC2ブログ

迷走するハリルJAPANのジレンマ

E-1選手権(旧東アジア選手権)は韓国に完敗し優勝を逃した。

toricは韓国戦は見れなかったが、北朝鮮戦と中国戦を見ました。
W杯への生き残りをかけた重要な大会だったにも関わらず
選手からはその気持ちを感じませんでした。

■カウンターのチャンスにバックパス
中盤でボールを拾ったり、カットしてハーフラインあたりまではボールを繋げますが
FWの選手があまり良い状態ではないと判断したからかバックパスを選択する
シーンが目立ちました。
しかしながらハリルの目指すサッカーにおいては、ここで勝負の縦パスを入れられる
選手が必要不可欠なのです。たとえFWの選手のポジショニングがいまいちでも
相手のDFからしたら嫌な物です。もしここでFWがDFに1v1で勝つことが出来れば
GKと1v1の決定的なシーンを作り出すことができるからです。

■デュエル重視の選考が裏目に
今までの日本のサッカーは中盤にテクニックのあるテクニシャンを置き、攻撃のタクト
を入れることが多かったです。ですがハリルの場合、中盤全員をデュエル(守備)
に長けた選手で構成することが多く、どちらかといえばパスは得意ではありません。
そうしたことにより上で述べたカウンター時の縦パスを入れることが出来ないのです。
中盤で奪ってカウンターのスタイルなのに、カウンターに繋げられなければ意味がない。

■カウンターに繋げられない思考を読み解く
では何故カウンターに繋げられないでしょうか。それはパスがあまり得意ではない為です。
ちゃんと言えば「精度の高いパスを蹴る自信がないから」です。
日本のサッカー教育では、昔からボールをロストしてしまうことを良しとしません。
よって、小さい頃から成功率の低いパスはできるだけ避けるようになります。
そして、縦パスというのは相手にカットされてしまうリスク、味方に繋げられないリスクの
両方があり、パスの中でも成功率の低いパスに該当します。

■大島というハリルのピースになり得た存在
中国戦では大島がW杯予選以来の出場。その大島は積極的にボールを読み込み
ワンタッチやツータッチでリズム良くボールを回して行きます。
その前の北朝鮮戦ではカウンター以外の場面でも縦パスの数が少なく
見所の少ない試合となっていました。
それを大島が入ったことにより日本の攻撃にアクセントが加わり、細かいショートパス
での崩しと裏へと狙ったロングボールと長短織り交ぜいい攻撃を見せていました。
守備でも前線からのプレスでボールを奪うなどハリルのコンセプトも出来ていました。
ところが、前半途中に無念の負傷交代。
その後の展開は言うまでもなく北朝鮮戦と同じような展開となってしまいました。

■中盤・中央のリスク>サイド・前線のリスク
中盤や中央でのロストは相手のカウンターに繋がるためリスクが高く、
サイドでの仕掛けやカウンター時のFWの1v1勝負などはそこで失ってもそこまでリスクは
高くありません。
ハリルはこのリスク管理の下ロングボール主体、中盤では出来るだけボールを回さず
サイドから組み立てて行くサッカーがやりたいのでしょう。
しかしながらロングボールを収めてくれるFW、サイドで1v1で自信を持って仕掛けられる
サイドアタッカーは日本では一握りしかいません。
果たして本番までにやりたいサッカーが表現出来るのでしょうか。。。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toric

Author:toric
たまひよこっこ所属のaocプレーヤー。
vooblyのクラン「KtwR」に入りたい方は僕の方まで一言。
IRCチャンネルは#とりCの部屋

FC2カウンター
ちょっと寄り道したらいいこといいことあるかも
最新記事
Tree-Arcive
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク