FC2ブログ

レスターとエイバルの試合から学ぶ4-4-2

昨日は岡崎先発出場のチェルシーvsレスターと乾先発フル出場のエイバルvs
アトレチコ・マドリードの試合を見ていました。

興味深かったのが共に4-4-2のフォーメーションで守備では前線からのハイプレスで
同じなんですが、その後の攻撃スタイルが全く異なるけど、両チームとも
そのサッカーの特徴を十分に発揮し見ごたえのある魅力的なサッカーをしていました。

■レスターの攻撃スタイル
前線からのプレスでボールを奪い、バーディーや岡崎が裏を狙ってのカウンターが主体。
ただしカウンターが出来ない時はボランチやSHがボールを引き出し、
岡崎はトップ下まで降りてきてヴァーディーと縦関係を形成する。
ワンツーなどのコンビネーションを多用し攻撃を組み立てていく。

■エイバルの攻撃スタイル
前線からのプレスでボールを奪うのは同じ。奪ってからFWは2枚がしっかりと前線に貼り、
ポストプレーからチャンスを作る。
ビルドアップ時は乾などのSHがサイドに大きく貼り、サイドチェンジを多用。
ピッチを大きく使うほかに、GKも含めDFラインでの早いパス回しを行い、
サイドチェンジ出来ない時でもスピーディーにボールを逆サイドまで持っていって
相手のラインの乱れを誘う。
その中でも乾はサイドから中に絞りSBの上がるスペースを作ったり、
もう一度外に出て相手のDFを誘うことでFWのスペースを作っていました。

この2チームを比較してみるとFWの関係性、SHの役割の違いにより
大きくサッカーが異なることがわかります。
また、パス回しに限ればレスターの方が浮き球も含めやや雑で、
エイバルの方がしっかりとグラウンダーで繋いでいました。
しかしながら両チーム共にトラップの技術が高く、難しいボールでも
うまくマイボールにしていましたね。
また、組織力についてもエイバルの方が上でしょうか。

さて、日本代表のシステム4-3-3に当てはめてみるとどうでしょう。
岡崎はCFで使われることが多く、縦関係を形成する選手がおらず孤立。
乾については3トップの左で使われていますが、4-4-2の時よりSBと距離が
離れているためSBとのコンビネーションの機会が少なく、
CFも中央に張り付かせるスタイルの為、乾のスペースを作る動きが
あまり生かせません。
よって代表では両選手共に100%の力を発揮できていないのです。
代表でも4-4-2のスタイルをやってみても面白いと思うtoricなのでした。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toric

Author:toric
たまひよこっこ所属のaocプレーヤー。
vooblyのクラン「KtwR」に入りたい方は僕の方まで一言。
IRCチャンネルは#とりCの部屋

FC2カウンター
ちょっと寄り道したらいいこといいことあるかも
最新記事
Tree-Arcive
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク