Brazil_B強し。dogaoいなくてもArgentina_Aを倒す!

SY Nations Cup Qualification Final Brazil B 3-1 Argentina A
http://www.aoczone.net/viewtopic.php?f=877&t=102229

1戦目、4v4 SY DryArabia
前衛Aliveモンゴルは対面のJuanスペインに対し、斥候しつつ農民1派遣で石パックを狙う。
対するJuanは斥候。城主は互いにぬくり合いの形へ。
逆のWraTh中国は対面Fedexマヤのみんぺを見て内政重視の弓で早め城主INを選択。
FedexとGaryフンは合わせでWraThの7金と4金を抑えに出る。
WraThは最小限の被害で食い止めると鎧2を入れたmiguelが合わせの石弓と騎士を食いきり持ち直す。
Fedexは追加の石弓を送らず自陣の内政完成を優先させたようだが、相手の7金と4金を抑えてるのに自陣に石弓置いている意味はない。
帝王、石壁をケチったJuanは穴を開けられマングとイーグルに進入を許す。
しかし36分にはマングと近衛の構図を完成させたArgサイドが持ち直す。
拮抗していたゲームが動いたのは45分。Juanがmiguel内政に騎士を突っ込む。
これによりmiguelが自陣に騎士を戻しWraThが抜かれる。Aliveサイドはほぼ2v1の状況となりマングと羽が互いに交易路に進入。
内政がほぼ壊滅していたJuanだったが、この時既に60近い荷馬車がおり交易は完成済み。これにより騎士生産は止まらず、すぐさまPOPが回復。
一方WraThは復活できずgg。
Juanの交易完成度がMVPでした。

2戦目、Brazil_BのHM、3v3 Arabia
後衛WraThマヤは全囲いからmiguelフンに貢ぎ。miguelはみんそくから騎士3回し。
しかしArgはいち早く察知して17分でほぼ全壁が完成。
一部囲いきれてなかったところから進入するもNicovモンゴルのらくだヘルプもあり、Garyは荒らしきれず。
miguelは対面FedexマヤにRAMや投石で攻めようとするもイーグルと爺に守られてしまう。
帝王、城寄せから進入を試みるも決まらず、ただFedexの内政は細い。
逆のAliveモンゴルがNicovに城寄せしてそこからmiguelが進入。らくだを出した分だけNicovの帝王INが遅れ、マングはAliveに軍配。
Nicovサイドから合わせで進軍し、WraThもその間に帝王IN。
粘るArgはGaryフンの騎士で耐えてる間にNicovのマングが揃い押し返す。
だが、Aliveが丘上で1v2で戦っている間にmiguelとWraThでFedexを押し込むもGaryヘルプで抜ききれず。
互角の展開に見えたがNicovマングが一部逆サイドにヘルプ行ってたためであり、RAMを溜めたAliveが交易路に達してgg。

3戦目、Arg_AのHM、3v3 Arena
前衛Juanスペインは対面WraThアステカ相手にコンキ。WraThの城寄せ対策もあり城寄せは来ず。
逆のAliveマヤは対面Garyがペルシアなのを見て強気の城寄せ。さらにWraThの貢ぎ受けを受けて21分帝王IN。
ImmortalsがWCL7で披露して以来この戦術を見る機会が増えてきましたね。
Juanがしっかり爆破を出してWraThは壊滅的に。Aliveのヘルプを呼んでなんとかしのぐ。
GaryはFedexの貢ぎを受けて重騎士を揃えなんとか羽を追い返す。その矛先はFedexへと向かうが、ここでGaryは謎の行動に。
せっかく溜めた重騎士をmiguel内政に向けて送る。ヒットしないまま先にアップされた近衛に食われ全滅。
これにより近衛と羽を返せなくなりgg。
Gary....

4戦目、4v4 SY Map Pack
引いたマップはcross。4隅に池のあるアラビアである。
池の遠かった前衛WraThブリトンは対面Juanマヤ相手にみんぺ。
海進化しながらのみんぺは難易度高いためマヤながらみんぺなしでこれを対処せざるを得ない。Juanは内政からの羽。
WraThはJuanの囲いをさらに囲うように石壁。これに城をぶつけるJuan。そこに門っているの?w
Alive後衛ペルシアはJuanへ城寄せして騎士。
逆のGaryペルシアはぬくり。BruHペルシアは騎士。後衛miguelマヤはBruHに貢ぎで城寄せ騎士。
伐採後に1マス空いたところから騎士に荒らされるGary 11。これによりGaryは死亡。
Fedexペルシアはらくだで耐えるが槍を混ぜられ苦しくなると、
NicovブリトンはJuanに貢いでワンチャンだったが城寄せを返している間にWraThの兵が回り1v2の状況でgg。

りぷちゃん

各大陸の予選の中で一番のハイレベルのゲームになると思われたカード。
Argentina_Aは練習でBrazil_A(RiuTなし)やSY、TyRanTを倒すなど相当仕上がっており、個人的には優勝候補と呼んでもいいくらいでした。
しかし蓋を開けてみればdogaoもFeAgeもいないBrazil_Bに負けてしまう結果に。
Aliveモンゴルの内政が思った以上に仕上がってましたね。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toric

Author:toric
たまひよこっこ所属のaocプレーヤー。
vooblyのクラン「KtwR」に入りたい方は僕の方まで一言。
IRCチャンネルは#とりCの部屋

FC2カウンター
ちょっと寄り道したらいいこといいことあるかも
最新記事
Tree-Arcive
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク