130億の男ベイルが決勝点!レアルがCL制覇!

UEFA CL 2013-14 Final レアル・マドリード 4-1 アトレチコ・マドリード

Japan_Aの試合見てさすがにその後生で見る気力はなく・・・。完全ハイライトだけしか見てないですが。

今シーズンのレアルは過去最高移籍額の130億円でベイルを獲得。
そのあまりの金額に本当にその価値があるのかと論議を呼んだ。
シーズン開幕してみると徐々に持ち味であるドリブルと決定力を発揮。
ロナウドが怪我していた時期にベイルが大活躍しファンの心を掴む。
CLの準決勝では、ブンデスリーガを圧倒的な強さで制し、最強チームと呼び声の高かったバイエルンを倒す。

一方のアトレチコはエースだったフォルカオ(コロンビア代表。W杯では日本と対戦)が移籍してしまったが、ビジャとジエゴの2トップが嵌り、バルサとレアルを抑えてリーガを制覇。今波に乗っているチームである。

試合はレアルが押し気味に進めるがベイルが決定機を決めきれず、攻めあぐねる時間が続くと、カシージャスのポジションミスにより、アトレチコが先制する。
しかし後半ロスタイムに同点に追いつくと延長戦へ。
アトレチコのプレッシングサッカーは延長を戦いきるほどの体力はなく、ベイルが勝ち越しとなる決勝点を決める。
その後も追加点を入れてレアルがCLを制した。

ベイルは序盤決定機外したけど決勝点決めたし、130億の価値はあったのかもしれませんね。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toric

Author:toric
たまひよこっこ所属のaocプレーヤー。
vooblyのクラン「KtwR」に入りたい方は僕の方まで一言。
IRCチャンネルは#とりCの部屋

FC2カウンター
ちょっと寄り道したらいいこといいことあるかも
最新記事
Tree-Arcive
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク