なぜ負けてしまったのか?コートジボワール戦



ご存知のように本田のゴールで先制も後半立て続けに失点し逆転負けでした。
僕の目には2006年のドイツW杯のように見えました。

・前線からのプレスが機能しなかった日本
前半20分くらいまではまずまずの出来だった。しかしその後は前線からのプレスがハマらない。
高温多湿で雨も降っているというコンディションを考慮したのか、いつもならプレスに真っ先に岡崎がプレスをかけ行き、それを合図に連動したプレスを始める日本だが、岡崎があまりプレスに行かなかった(ジルビーニョが左サイドスタートだったから警戒して行けなかった?)ために相手に保持される時間が続く。当然追いかけるには体力が必要になるので前半のうちに消耗してしまい後半は足が止まってしまった。というか厚さ対策にアメリカ合宿してたんじゃなかったのか。

・長谷部→遠藤の交代は結果的に悪い方向へ
最近、後半遠藤という形が定着。リズムが悪い時の切り札としての投入された。確かにみんな疲れていてボールポゼッションを高め日本のリズムを作りたかった時間帯だった。しかし本田と香川がパスミスを続けてなかなかリズムが掴めない。
すると長谷部ほどの守備ができない遠藤のいる左サイドから崩されて2失点。ドログバ投入でみんなビビったという記事もあったが、僕はそうとは思わない。
遠藤の投入で守備に隙が出来てしまい、前半から体力を消耗していた香川と長友のサポートが遅れてしまったのである。特に前半から長友が上がったスペースを何度も狙われるシーンが目立っていたので気になっていた。これは、自分たちの攻撃の時に本田香川らのパスミスがカットされ、日本らしい攻撃ができていなかったということにもなる。

・ギリシャ戦のポイントは?
まずは自分たちのサッカーを思い出すこと。そしてコンディションの悪い選手は出さないことである。いくら本田や香川がいい選手と言っても、パスミスばかりで長友の体力が消耗してしまい今回のような自滅を招いてしまう。(本田はゴールを決めたが後半は精彩を欠きパスミストラップミスばかりだった)
ボールを保持して極力体力消耗をさけてコロンビア戦に繋げる。もし後半20分頃までに2-0とリードできるなら慌てて攻めなくてもいい。問題は0-0や0-1の場合であるが・・・。

toricはギリシャ戦の日に午前半休を取得し応援する模様。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私は全然サッカー詳しくないから、cさんの解説勉強になります!

No title

ちゃんと解説できてるか不安ですが、いい記事書けるようがんばります
プロフィール

toric

Author:toric
たまひよこっこ所属のaocプレーヤー。
vooblyのクラン「KtwR」に入りたい方は僕の方まで一言。
IRCチャンネルは#とりCの部屋

FC2カウンター
ちょっと寄り道したらいいこといいことあるかも
最新記事
Tree-Arcive
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク