プレーオフに向けてハリル解任も手の1つ

イラクのアウェーゲームで引き分けに終わったハリルJAPAN。
最低限の結果である勝ち点1を持ち帰ったが、
残り2試合で勝ち点3を奪う必要がある。

■ハリルの選手起用問題
監督及びコーチ、スタッフ陣は重要な一戦に向けて選手のコンディショニングを整え、
チーム戦術を浸透させるのが代表チームでは重要な課題である。

シリア戦前から続いていたように選手招集と起用には大きな疑問がある。
まず、招集した選手の中に怪我持ちの選手が多かったことだ。
シリア戦前 : 乾、酒井宏、浅野、今野(怪我明け)
シリア戦 : 香川、山口、長友(試合後)

そしてシーズン終わった欧州組にハードトレーニングを課した影響により
コンディションを崩してしまったのが久保だ。

これほど怪我人が多く起用が難しい選手が多ければ、
シリア戦が終わった後に追加招集をするべきだったのである。
(中村憲剛、南野、etc・・・)

蓋を開けてみればイラク戦でのスタメンには酒井宏、長友、久保の名前が
並んでいた。
37℃の気温の中、いつも以上に体力を奪われてしまったのだろう。
酒井宏、久保の両選手は試合中に怪我をしてしまい、
想定外というが僕からみるとハリルの自業自得なのである。
なぜコンディションの悪い選手を起用したのか疑問が残る。

■チーム戦術と相性
イラク戦でのスタメンはかなり驚きの物だった。
シリア戦で試していた本田インサイドハーフ、乾の左FW起用などはせず、
2ボランチシステムに戻し、本田を従来の右FW、久保を左FW、原口をトップ下
など攻撃陣の並びを大幅に変更したのである。

これにより攻撃陣はギクシャク。トップ下に入った原口は運ぶドリブルを
何度か見せたが、ラストパスの精度が低く、シュートに繋がらない。
本田と久保はFWとは思えない程守備に参加していた影響もあり、
いざ攻撃となっても攻め上がりやフォローが遅く、攻撃の形が作れなかった。
このハリルの両FWが守備に参加する戦術はこの気候との相性を考えると
守れても攻めれないという最悪の相性だったと言えるだろう。

ハリルはデュエルやフィジカル等の個の力について多く述べている。
選出した選手はその個の力は一定レベルあるのかもしれない。
しかしその11人が集まったところでまともなサッカーが出来ておらず、
過程と結果が結びついない為、今後不安の方が大きくなっていくのは当然だろう。

■プレーオフに回る可能性も
残り2試合はホームのオーストラリア戦、アウェイのサウジアラビア戦で、
共に勝ち点1差の両チームと直接対決を残す。
どちらかに勝てればワールドカップ出場権を手にすることが出来るが、
ここまで述べてきた理由により勝てるとは思えない。
(toricはプレーオフに回る可能性が90%とみています)

よって、プレーオフに回ることを想定し、ここで監督を解任するのも
ありだと考えます。
残り2試合で日本チームを立て直し(これが少々難しいが)
プレーオフで勝ちきれるチームを作る。
もしその残り2試合で出場権を獲得出来ればラッキーだし、
プレーオフ後にまだ本大会まで期間があるので
チーム作りをする時間は残されています。

このままハリル続投で残り2戦勝ちきれずプレーオフに回ってしまい
負けて出場権を逃してしまうのが最悪なストーリーです。
(そんな予感がプンプンします)

プレーオフで戦うA組の3位はほぼ韓国かウズベキスタンのどちらか
となりそうですが、このタイミングで日韓戦するのだけは嫌ですね。





【歴史的快挙】乾がカンプノウでバルサから2ゴールを奪う!

昨日はU-20W杯で久保君が決勝点をアシストし、本田は久しぶりにゴールを決め、
いい日だったなと思い床に就きました。

朝起きてビックリしましたよ。
エイバルがバルサとのゲームを最終節に控えていたのは知っていました。
バルサは勝てば優勝の望みが残るガチ試合で一時はリードを奪う2点を
乾が決めました。
もちろんカンプノウでバルサからゴールを奪った日本人としては初の快挙です。
その後逆転されましたが、結局レアルも勝ったので
バルサの優勝はなりませんでした。

土曜日には大迫が1ゴール1アシストの活躍でチームを26年ぶりのEL出場に
導くと、香川は調子の良さを維持してキレキレ1アシスト。
酒井ゴートクはハンブルガーSVの1部残留にキャプテンとして貢献。

柴崎も来季1部昇格を決めたレバンテ相手に決定機を演出し、
ヘント久保は最後敗れはしたもののチームをEL出場に導きました。

今週末は過去最大級の日本人weekとなったのではないでしょうか。

これだから海外サッカー日本人選手を追うのを辞められない。


いよいよ来月、U-20 FIFAワールドカップが開幕!

■サッカーファン、そして東京オリンピックを楽しみにしている人の為の大会
いよいよ来月からU-20 FIFAワールドカップが開幕する。
日本にとっては5大会ぶりの本戦出場となる。
アジア予選では無敗で優勝。この世代がそのまま東京オリンピックに
出場する世代なので、ぜひとも今大会で勝ち進んでもらいたいところだ。
一般人から見れば東京オリンピックなんてまだ3年後と思っているだろうが、
今から選手を知っておいて損はないだろう。

地上波での放送は無いようですがグループリーグが見やすい時間にあります。
5/21(日) 17:00~ 南アフリカvs日本
5/24(水) 20:00~ ウルグアイvs日本
5/27(土) 20:00~ イタリアvs日本

■久保建英に注目が集まるが・・・他にも原石が目白押し
注目選手はなんといっても15歳の久保建英だろう。
今シーズンからはコンスタントにJ3の舞台で経験を積み、前節待望の初ゴールをゲット。
並行して行われているJユース・高校の最高峰リーグの「プレミアリーグ」では
高校生に混じって出場しても全く違和感なく活躍するのが当たり前になってきており、
その成長速度は凄まじい物がある。

しかし、久保以外にも注目選手がいる。
まず紹介するのはこの世代の絶対エースFW小川だ。
高校選手権での彼を見て、スターの雰囲気が漂っていたのを覚えている。
そしてなんといっても抜群のルックスはメディアにも注目されそうである。
今シーズンは磐田でなかなか出場機会に恵まれていなかったが、
先日のルヴァンカップでプロ初ゴールを決めると、ハットトリックの活躍。
調子を上げてワールドカップに臨めそうだ。

G大阪のMF堂安は、PSVからのオファーもあった将来性のある選手の一人。
こちらも先日のJリーグでJ1初ゴールを挙げるとこの試合2得点。
さらにはACLでもゴールを決め、こちらも調子は良さそう。

川崎のMF三好は、U-20代表候補の攻撃陣の中では昨年から
スーパーサブとしてJリーグに出場。
ドリブルとDFとボランチの間でボールを受けるのが得意で、
香川と似たようなプレースタイルの選手である。

攻撃陣の他にDF中山、DF冨安といったJリーグで既にレギュラーを確保
している守備陣たちもおり、頼もしい存在である。

一番気になるのはボランチの層の薄さだろうか。
大会の間に誰かいい選手が出てくることに期待しましょう。



試合へ向かうドルトムントのバスがテロに巻き込まれる!?選手が負傷し試合は延期へ

サッカー界に衝撃が走りました。

日本時間今朝3:45キックオフ予定だった、チャンピオンズリーグ準々決勝
ドルトムントvsモナコの1stレグ。
試合会場へ向かっていたドルトムントのバスで爆発が起こった。
この爆発によりDFのバルトラが骨折する重傷。
バスの窓ガラスには強化ガラスが使われていたこともあり、
幸いにも死者は出なかったが試合は明日に延期となった。
日本代表の香川もバスに乗っており、怪我はなかった。

どうやらバスのタイヤ付近に爆弾が仕掛けられていたようで、
滞在先のホテルからも不発弾が回収されたとのこと。
これらのことから計画的犯行でありテロが濃厚とみられています。
犯人はまだ捕まっていません。

ちなみにtoricもこの大一番を見ようと3:30に起きたんですが、
試合15分前なのにスタメンが発表されておらず不思議に思い
調べてみたらこの事件を知りました。

悪質なテロ?事件ですが、日本ではほとんど報道されていないのが不思議です。
同じ日本人も巻き込まれているし、もし死者が出ていたならとんでもない報道が
されていたのかもしれません。

注目の試合は今日深夜25:45キックオフ。
爆発事故に巻き込まれた選手たちの心境を考えると、
とても試合が出来る状態には思えません。
勝ち負けよりも無事に何事もなく試合が終わることを願っています。
もちろん観戦します。香川の活躍を応援しますよ。


DAZN、リーガ放送権獲得し乾がゴール。これは持ってる

DAZNが好調です。
Jリーグが開幕してから加入数が伸び続け、先日スポナビの加入数を上回ったそうです。
さらにはスポナビで独占放送していたリーガの放送権も獲得。
毎節最大5試合を放送してくれるそうで、昨日はリーガ放送初日でエイバルの試合があり
見事乾がゴールを決めてくれました。
このタイミングでのゴールはDAZNにとっても嬉しかったと思います。
リーガは最近になってアジア向けに試合開始時間をずらしてるそうで、
ちょうどいい時間に見れるようになったのも大きいですね。
これによりDAZNは、ブンデス、セリエA、リーガと主要リーグのほとんどを掌握し
残りはプレミアくらいでしょうか。
EL、CLの放送権も獲得したという噂もあるので、時間の問題かもしれません。

JリーグではJ1、J2、J3と全試合放送してくれるので沢山の試合を楽しめます。
最近の土日はサッカーの試合を合計8時間くらいは見ているでしょうか。
2窓、3窓しているので試合数にすると12試合くらいでしょうか。
個人的にはJ3で久保君の試合が見れるのは嬉しいです。
それがDAZNの狙いなのかもしれませんが、今日の試合は報道陣も多く
久保君もあわや初ゴールかというシーンがありました。

たまに回線の問題なのか止まったり途切れてしまうのが気になりますが
徐々に良くなってきているように見受けられるので
そのうち安定して見れるようになりそうです。
今後ともDAZNの動きには注目です。
プロフィール

toric

Author:toric
たまひよこっこ所属のaocプレーヤー。
vooblyのクラン「KtwR」に入りたい方は僕の方まで一言。
IRCチャンネルは#とりCの部屋

FC2カウンター
ちょっと寄り道したらいいこといいことあるかも
最新記事
Tree-Arcive
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク