仕事が・・・

タイミングが悪いです。

夏休み前に仕事がいっぱい。

明日は久しぶりに休出しますが、
打ち合わせとか電話対応とか仕事のメールとかなく、
その分効率よく仕事が出来るので個人的には悪くないと思っています。

なんとか乗り切って夏休みを迎えたいですね。

「怒りや憎しみは何も生まない。だが、精子は新たな命を生むだろう」 景の海のアペイリア7/28発売

まさかの体験版で2度目の更新

記事タイトルは戦闘シーンでの主人公の台詞です。突然名言が生まれました。

異世界では個人の願望に沿って魔法を決め、決められたコストを支払えば
その魔法が使えるんですが、主人公の設定した魔法が・・・。

戦闘シーンになると主人公にもボイスが付くんですが声優さんもノリノリで面白いです。




もちろん定番の普通の魔法もありますよ?




戦略はマップを使って丁寧に説明があるのでわかりやすいです。




話は飛んで量子力学。専門外なのでさっぱりですが、やばたんなのです。
ここも丁寧にスライドを使って説明がありgood。




アペイリアちゃんの特技は世界中にある717億のPCをハッキングすること。
それってダル何人分?でもそれって危ないんじゃ・・・あわわわ




普段の何気ない会話のシュタゲ的な心地よさに加え、
戦闘シーンでは爆笑してしまう程の要素があるのに関わらず、
シリアスとの温度差が半端ないのが『景の海のアペイリア』の魅力だと思います。
ストーリーの続きが気になるので発売日が待ち遠しい・・・






【NC2017】作戦勝ちかと思われたAustria_AだったがFranticが逆転勝ちの移住

NC2017 Gold League Group C Round1 China Frantic vs Austria A
http://www.aoczone.net/viewtopic.php?f=1562&t=133086

ちょっとAustria_Aには期待していたんですけどガッカリでした。
たまたま観戦していた2戦目Austria_Aの移住。

前衛Liereyyモンゴル は文明ボーナスを生かして早めの進化。
後衛にもガレーを流し対面とはガレー対決ではやや劣勢も
後衛LB10日本の貢を受けて城主進化勝ち。

で、前衛が城主押したら後衛も城主押して
中央の島に移住するのがセオリーですが、
ここで更に貢ぎ続けて23分帝王INしてしまう。

もちろん対面には完全に海勝ち。
相手後衛のCL(happyhappy)マヤは上陸して
内政しつつ羽を回していたのでここからどうするかと
見ていました。

しかし雲行きが怪しいのです。なぜならこのモンゴル、
帝王になるまで移住せずにようやく輸送船で派遣
したと思ったらただの1回きりのたった農民5人。

頑張って5人で城を立ててマングを回しますが、
そうこうしているうちにマヤが帝王入り遠投で
割られていきます。
TCもずっと1つの為資源も貰うしかなく・・・。

うーん・・・あまりのnoobっぷりに見ているこちらが呆れます。
2kあるプレーヤーなんですが完全に1v1に特化型のプレーヤー
なんでしょうね。移住経験もあまりないんじゃないでしょうか。

味方のペルシアが頑張りゲームは1500ポイント差が付きますが、
5cm(vivi)ペルシアがらくだでひたすら粘り最後はFranticが逆転勝ち。

正直Austria_Aの作戦勝ちかと思いましたが、
ここまでモンゴルがひどいとは思いませんでした。gg





AoCする為に1日4時間半睡眠を続けてみた結果

条件:次の日仕事がある日でも2時寝6時半起きを続ける。
    休日や次の日仕事がない日はいくら寝ても良い。

2週間後・・・

諦めました。
最初の2、3日くらいは平気だったんですが、
結局自分の思うようなプレイが出来ず。

とは言って仕事を早く切り上げられるかというとそうもいかず。
たくさん仕事もしたいので定時日以外はガッツリ残業したいです。
資格の勉強もしたいし、サッカーも見たいし、他ゲーもやりたいし。

で、結局やはり休日プレーヤーの大枠から抜け出せそうにありません。
ただ平日も内政練習やノーレートでも練習は今までよりもやっていきたい
と思う今日この頃なのでした。



light&purplesoftwareが新作発表



light新作『虚空のバロック』
http://www.light.gr.jp/light/products/baroque/index.html

purplesoftware新作『アオイトリ』
http://www.purplesoftware.jp/products/aoitori/index.html




Dies irae、ハピメアとヒット作を生み出している両会社だがほぼ同時期に
新作を発表することになった。

lightの新作はシルヴァリオシリーズ等でも脚本を担当した昏式氏。
まだディザーサイトが公開された段階で、ストーリーもわかりませんが、
パッと見lightっぽくありません。いつもはもっと熱い感じなんですが、
少し違った雰囲気になりそうです。

一方のpurplesoftwareの新作は既にディザームービーも公開。
ストーリーも一部公開され、前作超えを目標とする作品となるとか。
個人的にはぜひともハピメア超えをしてもらいたいんですが、
毎回ゲームの発売後のプレーヤーの評価を真摯に受け止めて
次回作にてしっかりとストーリーを練ってるのが伝わり好印象です。
なんと早くも来週には体験版が公開されるようです。



プロフィール

toric

Author:toric
たまひよこっこ所属のaocプレーヤー。
vooblyのクラン「KtwR」に入りたい方は僕の方まで一言。
IRCチャンネルは#とりCの部屋

FC2カウンター
ちょっと寄り道したらいいこといいことあるかも
最新記事
Tree-Arcive
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク